ロサンゼルス空港のターミナル移動での乗り継ぎや荷物・見取り図のまとめ!

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

アメリカへ旅行するときに、直行便がない場合や航空券の関係でロサンゼルス空港で乗り継ぎすると、航空券がお安いのです!

しかし・・・ロサンゼルス空港の乗り継ぎは大変・・難しい・・ややこしいと評判です!

初心者でも迷わないロサンゼルス空港の乗り継ぎやターミナル移動を見取り図で簡単にする方法!を載せますので、是非参考にされてください!

米国内の国内線から、ロサンゼルス空港の乗り継ぎをして日本国内へ帰国するルートについても記載します。

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

ロサンゼルス空港について知ろう!とにかく混雑していて、デカイ!

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市にある国際空港”Los Angeles International Airport”(空港コードはLAXと表示)は

アメリカ西海岸の主なゲートウェイ(玄関口)となる空港の一つで、航空旅客数は約5900万人で世界第6位(アメリカ第3位)のとにかく利用客が多い空港です。

アメリカでは国際線が発着するターミナルは、ロサンゼルス空港とは名称で言わないのです!

「TOM BRADLEY(トム・ブラッドレー)国際線ターミナル」TBIT

※アメリカの空港は人物名を付けられている場合が多いそうです。

国際線の大部分の航空会社はこのターミナルに到着します!この名称は覚えておくといいと思います。
(日系の航空会社、JAL、ANAならば必ずここに到着するのです。)

見出しの画像がトム・ブラッドレー空港の到着口のお写真です!

ロサンゼルス空港は、深夜の乗り継ぎが多く・・・物凄く人混みの中を歩きます。

しかも乗り継ぎは空港内ではなくて、外を歩いたほうが良い場合もあります

写真は空港の建物の外です。時間は夜21時くらいでした。

深夜になればなるほど・・ロサンゼルス空港は停まりきれないくらいの車でいっぱいでした・・

夜は建物の外を歩く場合は、写真よりも薄暗い印象です。

「タクシーは必要ですか?」と黒塗りの車から降りて、声をかける怪しいアメリカ人?も
女性一人の時は本当に注意してください。

タクシー乗り場は下記のように、分かるようにありますからね

大荷物での移動は大変ですね・・スリもあるかもしれませんので

是非、「荷物用カート」を利用されてください。

ロサンゼルス空港ターミナル移動時間は長い?荷物用カートは必須!

スーツケースが複数ある場合は荷物用カートを借りることを強くオススメします!

ターミナルの移動は距離が長いです。

特に・・国内線⇔国際線は歩く距離は1時間くらいは最低見たほうが良いです・・

慣れている方は・・もっと早く到着出来ると思われますが、アメリカの乗り継ぎの場合は3時間はみてください。

最初の方は4時間くらいは・・・あると迷っても十分間に合うと思います。

通常は荷物用カートを借りるとなると・・毎回7~8ドル?くらいかかるそうです。

写真は5ドルになっていましたが・・現在は値上がりしたと思います。

出展:http://d.hatena.ne.jp/tokyokid/20140325

しかし、出発時の客用のもので、到着時の乗客は荷物受取場に並んでいるカートを1回だけ、無料で使うことが出来るそうです。

通関から外へ出てロビーを横切り、外の車道に出て、必要であれば、その車道の向う側にある駐車場まで押して行けます!

荷物受取場に並んでいるカートが混雑時には見つからないこともある時などは

ロサンゼルス空港で乗り継ぎの際に、外の歩道には、沢山の手荷物カートが下記の写真のように、乗り捨て状態?ですので

これらからも無料で借りられそうですよ!

ロサンゼルス空港のベストは乗り継ぎ方法とは?

アメリカの飛行場は、とても広く、航空会社ごとに9つのターミナルに分かれていることが多いです。

乗り継ぎ方法は全部で3つあります。

1.無料シャトルで移動

2.ターミナル連絡通路で移動

3.外に出て徒歩で移動

無料のシャトル便(反時計回りで回っているそうです)慣れている方であれば良いと思いますが・・・

ズバリ・・英語や方向が心配な方は、ターミナル間を自分の足を歩いて、現在地を確認しながら移動がベストだと感じました。

実際に乗り継ぎの際は迷うことなく、出来ましたので外を歩く方法をオススメします。

ターミナル間連絡通路を使うのも、建物の中ですので、親切な看板がなかったりと、返って分かりにくいとの声もあります

ロサンゼルス空港の見取り図を見ると分かるのですが、連絡通路は直線ではないので、迷いそうです。

(ロサンゼルス空港の見取り図は下記のブログに詳細を記載しております)

ロサンゼルス空港からの乗り継ぎ(各ターミナルからTBITで日本へ帰国する場合)

下記は サンフランシスコのUnitedの国内線のチケット売り場の写真です

最近はチェックインの機械も日本語対応になっているので便利が良いです!

航空券を発券することが出来ます!

荷物はスーツケース1つに対して23キロまでとなっているようです。(2017年12月現在)

※航空会社によって手荷物や預け荷物の条件が違うようです。
超えてくると超過料金も発生するので、この辺りも事前に調べておいたほうが良さそうです。

パッシーの場合は行きは羽田空港からロサンゼルス空港(LAX)を乗り継ぎ、サンフランシスコ国際空港(SFO)のルートでした。

帰りも逆で帰りました!

スポンサーリンク

米国内線から国際線の乗り継ぎの流れ

サンフランシスコ空港

ロサンゼルス空港へ着陸

入国審査 

入国審査の指紋や顔写真を撮る、簡単なセルフの機械”Kiosk(キオスク)”です

日本語対応もあるので迷うことなく操作ができます!

出展:http://umbobo.blogspot.jp/2014/09/blog-post.html

※スクリーンの指示に従い、パスポートのスキャン、質問項目への回答、写真撮影、指紋の採取を受け、審査をクリアすると、レシートが発行される。
そのレシートとパスポートをKioskの先にいる審査官に手渡し、滞在目的と滞在期間を簡単に聞かれ、パスポートにスタンプが押される
利用条件
① 米国もしくは、カナダのパスポート所持者。または米国のビザ免除プログラム対象国の国民
 ※日本はビザ免除プログラムの対象国であること
② 事前にESTAで渡航認証が得られていること
③ 2008年以降にESTAによる渡航認証で米国に入国したことがあること
 
引用サイト https://www.cbp.gov/travel/us-citizens/apc

荷物のピックアップ

「Baggage Claim」の表示を目指しましょう!

掲示板に発着飛行機の番号があるので、どのレーンか確認してピックアップしてください。

☆ロサンゼルス空港の乗り継ぎの際の荷物のピックアップについて☆

往路(行き)の際、預け荷物は一度ピックアップして次の便の窓口に預け直す必要がある場合があります。

○乗り継いで南米とかの別の国に行くときであっても必ず一度アメリカに入国する必要がある。

○乗り継ぐときに必ず一度預けた手荷物を自分でピックアップして、すぐに預けなおす必要がある。

このような、アジアやヨーロッパで乗り継ぐときとは異なる、アメリカ独特のルールがあるようです。
アメリカでは、飛行機に乗るときの保安検査の基準が厳しいということですね。

こちらは航空会社に要確認です。

因みにANAからアメリカの国内線に乗り継ぐ場合や、逆の場合も荷物を一度ピックアップしました。(2017年12月現在)

税関

乗り継ぎターミナル移動

ロサンゼルス空港の見取り図で移動ターミナルをチェックします。

大切なのは自分が今いるターミナルの位置も確認してください。

ここで必要なのがロサンゼルス空港の見取り図です。

下記に記載します。

搭乗する航空カウンターで再チェックイン

荷物を預ける

手荷物検査

手荷物検査に混雑している場合があり、30分以上はかかります。

早めに検査を済ませて中に入ると良いです!待ち時間を潰せるお店がたくさんあります。

搭乗

スポンサーリンク

ロサンゼルス空港の見取り図で、合理的なターミナル移動とは?

ANAで出しているロサンゼルス空港の見取り図もあるのですが、分かりにくい印象です!

ターミナル間は連絡通路があり繋がっているのですが・・

ターミナル間は建物の中ではなく外を歩いてしまったほうが、分かりやすいのでは?と思いました。

特に、国際線⇔国内線の場合はそうです!

ロサンゼルス空港の見取り図ですが、写真を拡大してみてください。

ロサンゼルス空港の航空会社によってターミナルが右側に表記されています。

アルファベット順になっているようです。

”AIRLINE LOCATION LAX”とGoogle検索をかけるとPDFファイルも出てくるので、参考にされてください

出展:(元の地図はLAXのHPより借用)上記は2017年12月現在です↑

このターミナルの見取り図を確認すると

アメリカ国内線のUnitedは7~8ターミナルになっています。

みなさんがよく利用されると思われる日本の航空会社、ANA(All Nippon Airways)やJAL(Japan Airlines)がターミナルBになっています。

まさに端から端へ空港を歩くようになるのです!

(所要時間は40分もあれば十分に到着したと思いますが、初めての方は1時間くらいの余裕は欲しいです。)

このBターミナルこそが最初にご紹介した、「TOM BRADLEY(トム・ブラッドレー)国際線ターミナル」TBITです!

ロサンゼルス空港乗り継ぎ見取り図 3.外に出て徒歩で移動

見取り図で確認すると、外を出てほぼ直線です!

パッシーはこの方法で行きましたので、迷うことがありませんでした。

歩く方向さえ間違えなければ大丈夫です!

ロサンゼルス空港乗り継ぎ見取り図 2.ターミナル連絡通路で移動

因みにターミナル間の連絡通路を歩いて移動するとなると・・このように蛇行するので、どう考えても距離が増えるような印象なんです・・汗

ターミナル間通路を使う人によっては、外に出ないで、保安領域内を移動で”保安審査をパス”出来るとのことでしたが

とくに外に出て徒歩で移動でも、問題なかったです。

保安領域内?を通ってきた印象でした。

ターミナルBに無事に到着しましたら・・・

1Fは「TOM BRADLEY ARRIVALS」の到着ロビーになっていますので2Fの「TOM BRADLEY DEPARTURES」出発ロビーに上がってください。

建物に入るとすぐに各航空会社のチケットカウンターがズラッと並んでいます。
A、B、Cの3列を用意されているので、利用する航空会社のカウンターに向かってください。

ココまでくれば大丈夫です!

ANAは日本語が通じる職員さんもいらっしゃいました!

ロサンゼルス空港乗り継ぎで待ち時間の過ごし方

上記の写真はターミナルBで利用の航空会社にチェックインして預け荷物をカウンターに預けた後、手荷物検査する場所への移動になります。

かなり深夜の便でも混雑し大蛇の列になります・・・早めに検査を済ませて、中で待っていたほうが良いです!

手荷物検査を済ませた先に、沢山のお店があるので時間を潰すことも出来ます。

日本から乗り継ぎ (トムブラッドレー国際線ターミナルTBIT→各ターミナルの場合)

米国内線からのロサンゼルス空港乗り継ぎで日本に帰国するルートを先に紹介した理由は、移動距離が長い場合が多いのと、情報が少ないからです。

行きも要領は一緒ですので、どこのターミナルに移動するかだけ確認すればオッケーです!

日本からLAX経由で乗り継ぎするときは、手荷物を必ず一度ピックアップする必要があります。

日本から到着すると、LAXのトムブラッドレー国際線ターミナル(TBIT)に到着し、必ず一度入国審査して外に出ることになります。
あとはシャトルバス(半時計回りで回っている)か徒歩で次の飛行機の出発ターミナルゲートへ歩いていけば大丈夫です。

荷物をピックアップすると、空港の職員さんが居たので、歩く方向を確認するといいですね

簡単な英語でどこの航空会社に行きたいと言えば、教えてくれます。

ロサンゼルス空港の見取り図を見せても良いと思います。

歩く方向さえ間違えなければ、大丈夫です!

職員さんにもテクテク歩いていけるよ~みたいな表現で案内されました!

無料シャトルや連絡通路については案内されませんでした。

少しでも不安を解消されて、ロサンゼルスの乗り継ぎも旅行として楽しんでください♪

ここまでお読み頂きありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です