車のスペアキー作成はどこが良い?値段で比較検証!

出展:https://kuru-satei.com/kuruma_qa/spare-key.html

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

自動車の鍵が見つからない!無くしてしまった時は本当に焦りますよね・・

鍵のスペアも用意していない、見つからない・・・先日もパッシーもそんなことがありました!

車のスペアキー紛失のときに役立つのがスペアキーですが・・見つからない、そもそも作ってない人もいらっしゃると思います。

先ずはケース別に、焦らずに何をするべきか?行動手順もシェアします。

車のスペアキーの作り方によってお値段が違います!

車のスペアキーの作成は、どこが良くて安いのか?お値段も比較していきます!

作成する際の所要時間についても調査します!

スポンサーリンク

車の鍵の紛失しているのにスペアキーが見つからない!

車の鍵を紛失・場所がはっきりわかっている場合(車内に置き忘れなど)

ロードサービスや鍵屋に依頼してドアを開けてもらうことが一番最初にすることです。

ロードサービスのJAFに依頼する場合、JAF会員であれば解錠は無料で行ってもらうことができ、非会員でも12,880円~16,990円で解錠できます!

また、鍵屋さんに駆けつけてもらい、解錠してもらえるサービスもあります。

その場合はお値段をJAFと比較するなどして、出来るだけ安い料金を選ばれてください。

地域によっては、JAFよりも安く出来る場合もあります。

車の鍵を紛失・場所も全く分からない場合

鍵屋かディーラーに依頼して、新たな鍵を作ってもらいましょう。

緊急の場合はディーラーに依頼するよりも、鍵屋の方が早く・安く済むこともあるのですが、鍵の種類によってディーラーに依頼して作成して貰う必要があるかもしれません。

下記を読み進めて頂き、一番安く早い方法でスペアキーをゲットされてください!

最寄りの警察署にも紛失届は必ず出すことは必須ですね!

誰に拾われて悪用されるか分からないので・・・これが厄介です。

電話で届け出ることも可能で、インターネットでも最近は対応しているようです!

車のスペアキーの作成方法とは?場所はどこが安い?

スペアキーをどこで作るかは?だいたい4つのパターンに別れるのですが、鍵があるかないかで作れる場所が決まってきます。

鍵をなくしてしまってスペアキーもない人

・ディーラー
・鍵専門店

鍵は手元にある人

・カー用品店(オートバックスなど)
・ホームセンター

さらに鍵の種類によっても、スペアキーがつくれる場所は限定してくるようです。

スマートキー・キーレスエントリー・イモビライザー搭載車の鍵の方はスペアキーを作成できる場所が限られます。

車のスペアキー作成には一番はディーラーが値段が高いイメージがありますが・・・必ずしもではないようですよ!ケースバイケースです!

上手に何を優先するかで車のスペアキーの作成方法を考えれば良いと思います!

車のスペアキーの作成方法!お値段と時間!

ディーラーの場合(少し時間がかかっても、精度の高い鍵を適正価格で受け取りたい人)

鍵の種類によってですが、シンプルな通常の車のスペアキーであれば、3000円くらいで作れることもあるようですよ!

鍵専門店に頼むと、新しい鍵を作るのに12000円くらいが相場だと言われています。

鍵の種類によってお値段が異なるので、一度はディーラーに連絡をして見積もりを取ったほうが良いでしょう!

実は、ディーラーでは個々の車の”鍵の番号”を保管しているのです。

個人情報により保管はしていないようですが、鍵の下の部分(青い丸)に鍵の番号が記載されていることもあります。

もう一つ確実に鍵の番号を確認できる方法があります。

出典:https://omogare.com/car-keys-lost-6924

鍵と一緒についている金属のプレートもそうです!

この鍵の番号さえ分かれば、精度の高い鍵を作ることが確実にできます!

この番号を確認するには、ドアの内張りを剥がすとキーシリンダーに鍵番号が刻印されていると聞きました。

ですからスペアキーがなくて、鍵番号が分からないと上記のような作業が必要ですので、鍵を作る代金の他にも、別途3000円くらいはかかるそうです。

ですからディーラーでなくても、お付き合いがある自動車修理工場でも鍵の番号は確認できるようです!

特に電子認証システムのない鍵でかつ、鍵番号でスペアキーをつくるのであれば、ディーラーで3000円以内で作成できるようです。

しかし、最近の電子的な鍵認証システムを搭載した車は、鍵には一つ一つIDが付いていて、車本体と鍵が個別のIDで紐付けされています。

通常の鍵屋さんでは鍵自体は作成できても、車本体の情報と合致するIDは作成できないと言います。

車の鍵が古いタイプである場合(スマートキー・キーレスエントリー・イモビライザー搭載車)購入したディーラーに直接スペアキー作成を頼む必要があるので要確認です!

最近当たり前に最初からついている仕様で、自動車盗難防止機能がイモビライザーがあります。

スペアキーを作成しにくいので、盗難防止にもなるのですが・・・

このような電子情報を搭載したスペアキーの作成は1万~5万円にと値段が跳ね上がります!

再登録費用やリモコン本体の費用などが加わることで、ハイテク機能がついた鍵は、ある意味お値段のリスクがあるのです。

さらに、部品の取り寄せや情報の再登録といったことをする必要があるので、通常の鍵よりも作成に時間がかかります。

3日~10日くらい待つこともあるようです・・・汗

外車のスペアキーの作り方は特殊?

因みに・・・

BMWやベンツなど、外車のスペアキーはその使用材質の違いもあるので、国産車のスペアキーよりもさらに値段が高くなる傾向があるのです・・汗

国産車の鍵は真鍮にクロムやニッケルでメッキを施したものが一般的ですが、BMWやベンツなどは鍵の素材に鋼材を使用しているので、普通の鍵屋が使用している工具では、素材が硬すぎて加工することがむずかしいようです。

そのため、必然的に”ディーラー純正のスペアキー”を購入する必要があるのです!

値段は通常の鍵で国産車の10倍(5,000円程度)とも言われているようです。

イモビライザー搭載車やスマートキーとなると、当然その値段はさらに上乗せされるとか・・・

外車の方は必ず、スペアキーを作成するのはもちろん、保管も考えておくべきだと思いました。

鍵屋の場合!(とにかく早く車のスペアキーが欲しい人向け)

車の鍵は種類が多く、最近は技術の進歩で専用機器がないと製作が困難なものもあります。

最新の機械を取り揃えている鍵屋さんであれば、スマートキー、イモビライザーキー、キーレスエントリーの鍵を作れたりするそうですが、おそらくディーラーよりも高いかもしれません。

こういう電子情報を搭載したスペアキーの作成は4万円ちかくします。

最新のセキュリティーがあるイモビライザーは10万超えるものも・・・

専門の鍵屋さんは鍵の紛失で困っている人に向けたサービスに特化しているので、ディーラーよりも対応は早いかもしれません。

とにかく直ぐに作りたい人はご相談すると良いと思います。

出張費も込みでの金額のようです!
そして鍵に在庫があれば、その日のうちに受け取れる鍵屋さんも存在します。

ただし、当日に作りたい人以外の方は、先ずは、ディーラーに相談して両方で見積もりを取ると良いでしょう。

カー用品店の場合(とにかく安く済ませたい人!)

オートバックスやイエローハットなどカー用品店でも車のスペアキーは作成することが出来ます!

お値段は500円~

鍵の種類によって出来ないものも増えてきていますので要確認です!

電子機能がある鍵(スマートキーやキーレスエントリー、イモビライザー搭載車)は作れないようです。

カギの精度は低くなるのが一般的です。

なぜなら使用しているうちに溝が削れてきた鍵でスペアキーを作成するからです。

そしてその鍵を使うことで、シリンダーも痛めることもあるのです。

鍵を作ったのに、上手く使えないトラブルも多いようです。

ディーラーで作った場合は基本の型があり、新品状態で出来上がってきます。

カー用品店で作れるような車のスペアキーはディーラーで頼んでも3000円~5000円くらいで出来るのではないでしょうか?

500円の6倍は違いますが、長く使われるのであれば、精度が高い鍵のほうが車のシリンダーを傷めないので、よくお考えになり、車のスペアキーを作成すべきでしょう!

逆に言えば、比較的新しいけれど、電子機能などがついてない、昔ながらの鍵であれば、カー用品店で作っても良いと思います。

鍵を作る所要時間は30分もあれば、十分できると思われます。

スポンサーリンク

ホームセンターの場合(安く済ませたいけど、技術が良い鍵屋を探せる人)

シンプルな車の鍵を作りたい人は、ホームセンターでも良いでしょう!

300円~600円で作ることができます。

場合によってはカー用品店よりも技術が高いとの噂もあります!

ホームセンターの鍵屋さんの方が技術や経験が豊富なので、精度は良いと言われている方もいらっしゃるのです。

カー用品店もホームセンターも共通して言えるのは、アルバイトのような経験値が少ない人がやっているところは気をつけたほうが良いかもしれません。

鍵も技術がある人が作らないとむずかしいです。

ここは要リサーチですね!
ジョイフル本田のような大型ホームセンターは様々な鍵も扱うので、職人のような方もいらっしゃると思います。

鍵のコピーができる機械でスペアキーを作成であれば、所要時間は30分で十分できると思われます。

しかし専門的な技術が必要な鍵であれば、もっと時間がかかるでしょう。

車のスペアキー作成はどこが良いの?まとめ

●カー用品店やホームセンターは500円~から作れるが、今どきの電子機能がある鍵(スマートキーやキーレスエントリー、イモビライザー搭載車)は作れない。

●鍵屋さんは緊急の時に素早く対応してくれ、直ぐにスペアキーを手に入れられるサービスが充実している。
緊急でなければ、ディーラーと値段を比較して決めたほうが良い!(電子機能がある鍵は鍵屋さんによって出来るがその分、高額料金になる可能性もある)

●ディーラーは個々の車の鍵のIDを持っているので、確実に精度が高いスペアキーが作れる。
ただし、時間がかかる可能性が高い。鍵屋さんよりも安いかもしれない(要確認)

●外車は日本車と違い鍵がとても硬いので、作ることがむずかしいこともある。
ディーラーの純正のスペアキーを購入するのが基本である。
最近の鍵屋さんは出来ると言っているところもあるので、緊急の時で早くスペアキーがほしい、値段は少し高くてもよければお願いしても良いでしょう。

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です