香港からマカオへ行くフェリーの乗り方のまとめ

マカオ フェリー 乗り方

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

マカオ行きのフェリー運行会社は2つあります!

船内の設備や、シートが古い印象の「ターボジェット(噴射飛航)」、船内は全体的にきれいで新しい「コタイジェット(金光飛航)」です。

実際に香港から行き方や、乗り場の雰囲気などは最初は分からないので、フェリーに乗船した時の体験レポートをご紹介します!

※随時写真を追加していきます。

スポンサーリンク

香港・マカオのフェリー乗り場の場所のまとめ

香港からマカオへ行くフェリー乗り場は3箇所!

①【九龍】チャイナ・フェリーターミナル(中国客運碼頭出入境管制站、中港城)

九龍半島・尖沙咀エリアからアクセスしやすい場所にある!

荃湾線「尖沙咀(チムサーチョイ)」駅徒歩9分
荃湾線「佐敦(ジョーダン)」駅徒歩13分
西鉄線「柯士甸(オースティン)」駅徒歩10分
機場快線「九龍(カオルーン)」駅徒歩14分

②【香港島】香港・マカオフェリーターミナル(港澳客輪碼頭出入境管制站)

24時間運航
香港島からアクセスしやすい場所にある!

港島線「上環(ションワン)」駅徒歩3分

詳しくはこちらのブログでご紹介しています

香港マカオフェリーターミナル乗り場や予約・時刻表・料金のまとめ!

③【香港国際空港・スカイピア】香港国際空港フェリーターミナル(海天客運碼頭出入境管制站)

香港空港→マカオの場合・飛行機からフェリーに直接乗り換えする場合のみ利用ができる
マカオ→香港空港の場合・フェリーから飛行機に直接乗り換えする場合のみ利用ができる

詳しくはこちらのブログでご紹介しています

香港空港フェリーの乗り継ぎでマカオへ楽に行く方法!

マカオから香港に行くフェリーターミナルは2箇所!

【澳門外港】マカオフェリーターミナル(澳門アウターハーバー)

マカオ半島側のため、セナド広場周辺に点在する世界遺産にアクセスしやすい場所にある

【澳門氹仔】マカオタイパフェリーターミナル(氹仔)

タイパ島側のため、タイパ島側のカジノにアクセスしやすい場所にある

詳しくはこちらのブログでご紹介しています

香港マカオフェリーターミナル乗り場や予約・時刻表・料金のまとめ!

チャイナ・フェリーターミナル(中国客運碼頭出入境管制站、中港城)の乗り方

香港からマカオへ

チャイナ・フェリーターミナルのチケット売り場の行き方

地下鉄MTRの「尖沙咀駅」から向かう場合は、チャイナ・フェリーターミナル(中国客運碼頭出入境管制站、中港城)へ向かう場合、九龍公園の南側の「海坊道(Hai Phong Rd.)」をまっすぐ西に向かうルートが良いでしょう

650mですので徒歩15分くらいです。

一見するとフェリーターミナルに見えないデパート風のビルがあります。

「CHINA HONG KONG CITY」と入口に書いてあります。

見上げないと「中港城」の文字は見えません

チャイナ・フェリーターミナル建物内のチケット売り場の生き方

入ったらエスカレーターで上を目指します!

 

G は Ground floor → 日本の1階の意味です!★ここからエスカレーターに乗ります。

UG は Upper Ground → 上の 1階ですのでこの場合は1階と2階の間、中二階?

日本の2階が香港では1階と表示されます⇒1F★ここを目指します

LG は Lower Ground → 下の 1階

1FのTicketingのチケット売り場を目指します。

上記の写真はUGの階です、

「Ticket Office」は上の階であることが分かります。

チケット売り場に到着しました!

マカオへ行くのには、赤い色のターボジェット(噴射飛航)のチケット売り場です。

CKSのフェリーもありますがこちらは、中国本土へ帰る場合のフェリーです。

スポンサーリンク

チケットの購入方法

直近に出発するエコノミークラスのチケットは売り切れることがあるので、時間には余裕を持ったほうが良いですね

MEMO
チケット購入から出国審査、乗船まで最短でも15分~30分かかります

売り場に「THE MACAU Economoy Class8時30分」と掲げていますが、こちらが購入できるフェリーチケットの時間を表示しています。

フェリーの席には種類があり、「Economoy Class」「Super Class」「Premier VIP Cabin」の3種類がありお値段が変わります。

シートの種類だけではなく、夜間料金や平日と土日では料金が変わります。

Economoy Classが最初に売り切れると思われます、ですからこの日は18時くらいにチケットを購入しましたが、既に19時半のエコノミーのチケットは売り切れており、

スーパークラスのチケットを勧められました、しかしお値段が倍くらい違うので、20時半のエコノミーチケットを購入しました。

時間がない人は、高いチケットで帰らなくてはならないので、ネット予約もあるので利用すると良いと思いますが、旅行中は時間が読めないのでなんとも難しいところですね

下記のようなチケットを手渡されます。

チケットの金額はこちらです。

年々マカオでは物価上昇により、フェリーの値段が上がっているようです

直接フェリーの会社のHPで確認したほうが確実です。

印刷版ダウンロードが全て確認できるので便利です!

ターボジェットの時刻や路線・運賃のダウンロード

フェリーに乗るまでの流れ

マカオ チャイナフェリーターミナル

1.泊位(BERTH)は乗り場番号を確認します。

マカオ チャイナフェリーターミナル

ゲートが開くまで時間があるので、待合室で待ちます。

いつもかなりの人数が並んでおり、人でごった返しております。

席は決まっているので、並んで最前列に行かなくても大丈夫ですので、焦らずにゆったりとお待ち下さい。

出国ゲートへターボジェットは赤・コタイジェットは青のゲートとなっており、出国ゲートが直ぐにあります。

改札ゲートの様になっており、顔写真撮影とパスポートのスキャンが完了するとゲートが開きます。

マカオ チャイナフェリーターミナル

2.出国審査をします。
出国審査時に提出するものは下記になります。

MEMO
・パスポート ・スリップ(入国時に貰うスタンプの代わりになる小さな用紙)「入境申報表/Arrival Card」 ・EDカード(入国時に複写で貰っていた出入国カード) 

※スリップとEDカードは回収されない場合もありますが、なくすと面倒ですので、スリップと共にパスポートに挟んで保管されてください。

3.フェリーへ搭乗します。

各フェリー会社の乗り場へ行きチケットを渡すと座席番号シール貼ってくれます。

グループの場合、チケットをまとめて渡すと一緒の席にしてくれる場合もあるそうです。

マカオ フェリー

上記はターボジェットのエコノミーシートです。

スーパークラスのシートは革張りでエコノミーよりも横幅も広く、足も伸ばせます。

ソフトドリンク無料、船内食サービスがありますがあまり食事は美味しい印象がありません

優先的に下船が出来るので、飛行機で言えばビジネスクラスのようなイメージです。

欲しい時間のチケットのエコノミーシートが売り切れると、このスーパークラスシートをチケット売り場では勧められます。

荷物は椅子に持ち込まずに、席から離れた場所に置き場所があります。

マカオ フェリー 荷物置き場

目から離れるので、貴重品は手元に残しておく必要はありますね。

4.マカオに到着したら入国審査を受けます

マカオ チャイナフェリーターミナル

「passport」と書かれているラインに並び、パスポートを出して入国審査を受けます。

入国時スリップ(入境申報表/Arrival Card)を貰って入国します。
「入境申報表/Arrival Card」は出国時にチェックされるので紛失しない様にしましょう。

※紛失した場合、タイパ島北安にある出入境事務所で再発行が必要になります。

スポンサーリンク

【澳門外港】マカオフェリーターミナル(澳門アウターハーバー)

マカオから香港へ

チケットの購入方法

後日執筆します

フェリーに乗るまでの流れ

出国ゲートへターボジェットは赤・コタイジェットは青のゲートとなっており、出国ゲートが直ぐにあります。

マカオ フェリー ターボジェット

出国審査をします。
出国審査時に提出するものは下記になります。

MEMO
・パスポート ・スリップ(入国時に貰うスタンプの代わりになる小さな用紙)「入境申報表/Arrival Card」 ・EDカード(入国時に複写で貰っていた出入国カード) 

※スリップとEDカードは回収されない場合もありますが、なくすと面倒ですので、スリップと共にパスポートに挟んで保管されてください。

3.フェリーへ搭乗します。

各フェリー会社の乗り場へ行きチケットを渡すと座席番号シール貼ってくれます。

グループの場合、チケットをまとめて渡すと一緒の席にしてくれる場合もあるそうです。

マカオから香港入りするときは、「IMMIGRATION DEPARTMENT HONG KONG・香港の出入国カード」が必要になります。

フィリーで係の者が配っております。

もしも受け取りをされていない場合は、フェリー内のカウンターに備え付けられております。

マカオ フェリー 

香港への出入国カードの記入方法

ここまでお読みいただきありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です