日本のバレンタインの意味と歴史の由来は世界の非常識?!

   

出典:FAKEOUT magazine

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

2月14日はバレンタイン・デーと言うことは・・・誰でも知っていますよね!

現在、一般に「バレンタインデーはチョコレート業界の陰謀」と認識されていますけどね

パッシーは学生のころから、このイベントには積極的に参加していませんでした・・汗

どうもこの日は気恥ずかしい・・・ドキドキする日でもありましたww

そうなんですよ~!

どうも納得がいかないことがありました・・・それは

日本では女性が男性にチョコレートを贈るイベントという強烈なインパクトがあり・・・
(いやほぼ・・・洗脳かもしれない・・・汗)

なんで女性からなんだろう?とずっと思っておりました。
(ひねくれものですみません、、、)

今は少しは素直になってますよ~
人間関係をつくるには、とても良いキッカケです!

チョコレートというただ単に”モノ”をあげる日ではありません。

相手にチョコレートを通してココロを差し出す日だと、パッシーは思います。

まさに愛の告白をする日!

チョコレートが愛の贈り物としてメッセンジャーになっているのです。

義理チョコという文化もあとからできましたが、こちらも、いつもお世話になっている

上司にチョコレートを通して気持ちを伝えて、人間関係に潤滑油として存在しているのだと思います。

スポンサーリンク

バレンタインの意味とは人物名だった?なかなか重たい歴史だよ~

英語では「Saint Valentine’s Day」、訳せば「聖バレンタインの日」という意味のようですね~!

つまり、バレンタインというのは、人の名前なのだそうです!

正式名称は、3世紀にキリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)

出展:www.worldfolksong.co

ふむふむ・・・こんなサンタさんのような、顔をしていた?

愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したという時代・・・

バレンタインさんは、婚姻を禁止され嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたようです。

やがてその噂が皇帝にバレてしまい・・・

怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令したのですが
バレンタインさんは兵士のために、皇帝の命令に屈しなかったようです。

相当な思いがあったのでしょう。

そして・・・

皇帝に歯向かった罪で、最終的に彼は処刑されたそうなんです・・・

彼の処刑の日は、見せしめに・・・

全ての神の女王であり、家庭と結婚の神・ユノの祭日でもあり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれたと言います。

バレンタインさんは、ルペルカリア祭に捧げる生贄(いけにえ)とされたというのです!

結構・・・重たいな(;_;)

キリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったと伝えられているようです。

ま~一般論として伝えられているバレンタインの歴史でもあります。

日本独自のバレンタインの歴史と由来とは?

実は、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣ですね~

欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈るようです。

日本のバレンタインは完全なビジネスで戦略的に広められたのがキッカケだと
言われているようですが・・・

ふふっふ~実はそれだけではないのですよ!\(^o^)/

秘密を暴いていきますよ~!!

確かに・・・戦後、チョコレートメーカーが売り上げを伸ばすために、

「女性から愛の告白にチョコレートをプレゼントしよう」という文化をつくりました。

現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代(1950年代)に入ってからのようです。

最初にこのバレンタインを仕掛けた(歴史の起源)と言われているのは、
様々な憶測があるようですよ~。

①神戸モロゾフ製菓のバレンタインの広告が一番古い?

東京で発行されていた英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』は

1936年(昭和11年)2月12日付けに同社が広告を掲載したことがあるようです。

昭和11年って戦前ですね・・・そんなに歴史が古かったとは??

出典:http://www.kobe-sweets.org

「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告であったので、

この頃は女性→男性にチョコレートを贈るという明確な設定はされていません

これが、確認されている最も古い“バレンタインデーにはチョコを”の広告だと言われているようです。

1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られています。

神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからと言いますから、この広告が一番古かったのは確定なのでしょうか。

②森永製菓のキャンペーンのおかげなの?

1960年(昭和31年)より森永製菓が「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出したようです!

出典:http://20century.blog2.fc2.com/

出典:http://20century.blog2.fc2.com

1965年(昭和36年)にバレンタインデーのフェアを開催し、これがバレンタインデー普及の契機となったとされています。

しかし、「バレンタインデー」の文字がある広告が既に、1956年(昭和27年)の西武百貨店や松屋の新聞広告や、1959年(昭和30年)の松坂屋の新聞広告にも掲載されていたようですね~。

デパート業界では伊勢丹が最初というわけではないようですね!

③メリーチョコレートがハート形のチョコレートを開発した?

1958年(昭和33年)2月に、メリーチョコレート会社(東京)は、新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出したとされています。

出典:http://for-yourlife.com

3日間で売れたのは、たった、30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚!!

しかし諦めずに・・・翌年ハート型チョコを作ったのです。

「女性から男性へ」という殺し文句を作ったのも、その頃の開発者だったようです。

スポンサーリンク

④あのソニーがバレンタインを作った??

ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年(昭和43年)に自社の関連輸入雑貨専門店ソニープラザがチョコレートを贈ることを流行させようと仕掛けたようです。

出典:https://www.google.co.jp

「日本のバレンタインデーはうちが作った」としているようです。

で・・・本当のところはどうなの??

総力をあげ、パッシーが出した結論です!

日本のバレンタインデー意味と歴史は、世界の非常識である理由は浮き彫りになります。

日本のバレンタインの非常識を作ったのは、意外な人たちだった?!秘密暴露!

昭和30年代後半になると、バレンタインデーを積極的に売り出す動きも出てきていましたよね。

特に、森永製菓では1960年(昭和35年)にバレンタイン企画を新聞広告などのマスコミを通して派手に、チョコレートの販売を促進したようです!

しかしですね~

1960年の森永製菓の新聞広告には、「チョコレートを贈る日」ではなく、「チョコレートを添えて(手紙などを)贈る日」として書かれていたようですよ!

これはどういう意味なのかというと・・

「バレンタインデーの贈答品はチョコレート」とする意識は無かったのです。

証拠に、当時のバレンタインデーの新聞広告によると、購入を勧める贈答品にチョコレートは登場していなかったと言います。

そして・・・この頃はもちろん

バレンタインデーに贈答品を贈るのは、男性から女性に限定されていなかったのです。

この時期にはバレンタインデー用のチョコレートをお買い上げいただいた方々を、劇場に招待したり、景品には当時大変貴重であった腕時計をプレゼントとするという新聞広告もあったとか・・・

地道な努力が実を結んでとは、素直には行かなかった歴史があります。

デパート各店がバレンタインデー普及に努めていたようなんですが・・・
なかなか最初は定着しなかったようですよ!

1968年(昭和43年)をピークに客足は減少し、「日本での定着は難しい」との見方もあったくらいでした。

しかし

オイルショックが1973年(昭和48年)に見舞われ、高度経済成長が終わった、1970年代前半頃にはチョコレートの売上が急増したようです。

オイルショックによる不況に喘いでいた小売業界が、より積極的にマーケティングを行ったとされていて、

1970年代は日本の資本主義がほぼ完成し、成熟した消費社会になった時期でもあります。

このようにアイドルたちも、チョコレートの宣伝にもたくさん使われていました。

出典:ttps://jp.pinterest.com

上記の広告は加賀まりこさんです! 1965年の広告だとは思えないほどファッショナブル!

出典:jp.pinterest.com

1967年にミニスカートで一世を風靡したファッションモデル ツイッギーさんもチョコレートの宣伝に出演されていました。

出典:jp.pinterest.com/p

こちらは松田聖子さんです!1980年の広告です!

若者たちに憧れのアイドルたちが、あま~いチョコレートの宣伝に起用されています!

バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣は、ターゲットにしてきた大人ではなく

小学校高学年から高校生までの学生層から広まったと言われているのです。

1980年代後半頃には主婦層にも普及したようです!

まさか・・・学生主導だったとは?
これは「バレンタインデーはチョコレート業界の陰謀」と認識されていますが

もしも本当に必要とされなかったら、戦略だけでは広まっていなかったかもしれません。

こうして、1970年代後半頃に、女子が男子に親愛の情を込めて本命チョコを贈るという「日本型バレンタインデー」が、日本の社会に定着すると、さらに日本独自の習慣が登場したようです!

スポンサーリンク

ホワイトデーと義理チョコの意味と由来とは?日本独自の文化!

1980年前半に登場したホワイトデーと義理チョコは、当然世界にはありません!

ホワイトデーの起源も2つに別れるようです。

福岡県の和菓子屋・石村萬盛堂のキャンペーン説?

福岡県の和菓子屋・石村萬盛堂(いしむら・まんせいどう)のキャンペーンと、の構想が注目されているようです。

出典www.bridalgift-online.jp

1977年に石村萬盛堂は、バレンタインデーの返礼としてマシュマロデーのキャンペーンをしたようです。

これは社長が女性雑誌の投稿欄を見て思いついたアイディアだったようですよ!

1979年には他の菓子店と協同で「ホワイトデー」という名称を用いたとされているようです。

全国飴菓子工業協同組合の構想説?

1978年6月の組合の総会で、「ホワイトデーキャンペーン」の実施が決まったようです。

出典:http://www.candy.or.jp

ホワイトデーの仕掛人たち
右手前から高柳全孝氏(ホームラン製菓)・大西康宜氏(カンロ)
・篠崎新一郎氏(篠崎製菓)、左手前から宮川光市氏(宮川製菓)
・菱木宏氏(扇雀飴本舗)・中西信雄氏(みやこ飴本舗)

1980年に第1回「愛にこたえるホワイトデー」キャンペーンがはじまりました!

そして2回目の1981年には「好きな女の子にキャンデーを贈ろう」というキャッチフレーズが添えられたようです!

出典:www.candy.or.j

1984年の第5回キャンペーンには各地で品不足になるほどの盛況となり、同組合では、この1984年をホワイトデー定着の年としているようですね。

現在のバレンタインはどのくらい普及しているの?

アンケートによると、20~60代の女性のうち約8割の人がバレンタインデーにチョコレートを贈る予定があるという結果が出ているのです。

8割ともなると、これはかなり大きな割合ですね・・・汗

つまり、ほとんどの女性がバレンタインデーの行事に参加しているといっても過言ではありません。

様々なバレンタインチョコレートの新しい提案!

好きな人にチョコレートを渡す「本命チョコ」にかける予算の相場は1000円~1999円。

また、友達や同僚・上司に渡す「義理チョコ」の相場は500円以内??

いずれにしても、バレンタインデーのチョコレートの売り上げを考えるとかなりの額になりますね~。

そして・・・最近は、バレンタインにそれほど興味がなかったパッシーでも、売上に貢献しています!

自分にご褒美バレンタインしてます!

個人で食べるために、マイチョコレートを購入する人が増えているのですよ~!

理由は・・・・

あの大イベントになっていまった

2017年で15回目を迎える「~パリ発、チョコレートの祭典~サロンデュショコラ

全世界から新進気鋭の、ショコラティエが集まって、世界中の珍しいチョコレートのブランドをゲットできるのです!

数年前までは新宿伊勢丹デパートの催事場で、開催されていたのですが・・・
今年はなんと国際フォーラムで開催されていました。

昨年度は毎年地方から楽しみに行っていた友人が、入場に4時間待ちで諦めた報告がありました。

出典:http://suteki-days.com

まとめと本音!

人生の中でここまで真剣にバレンタインについて、考えたことはありませんでした・・・汗

しかし学生の頃よりも、抵抗がなくなり、今は女性にもバレンタインを贈ったり贈られたり・・・

チョコレートはまさにチョコッとコミュニケーションを取ってくれている
ツールなんですよね!

自分にご褒美チョコレートもあり、私としては、義理チョコをあげるのも良いけれど、

マイチョコレートを買ってあげるのも、自分を大切にすることで満足感があるのではと
勝手に思っています!

日本人よ!自分に優しくです!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

 - イベント, 季節