トイレの神様 烏蒭沙摩(うすさま)明王様のお札と真言!ご利益を沢山受ける方法とは?

      2017/07/19

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

「トイレ掃除をしたら仕事がうまくいった!」

「トイレをピカピカに掃除したら彼氏ができた!」

「トイレをキレイに掃除したら宝くじが当たった!」

トイレ掃除で開運したというお話は本当のようですよ! 多くの芸能人や著名人の方もトイレ掃除を続けて、幸せを手にされているのです!

トイレの神様が実際に存在するのであれば、どうしたらご利益を得られるのか?まとめてみました!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

トイレの神様は本当にいるの?あの有名人も信じてる?!

トイレを掃除していると臨時収入があると耳にすることが多いですね~

お金持ちや、成功した億万長者の人で毎日欠かさず、ピカピカにお掃除するのが習慣の人も多いようです!

ビートたけしさんも30年以上トイレ掃除を続けているようですし、星野仙一さん、郷ひろみさん、松井一代さん、タモリさん、和田アキコさんも有名です。

経営者ではイエローハット相談役の鍵山秀三郎氏、ダスキンの創業者の鈴木清一氏、あの伝説の経営者、松下幸之助もトイレ掃除を欠かさなかったようです。

トイレ掃除をしている人を見守っている神さまがおられるようなのです。

今から7年も前になるのですね~「トイレの神様」という歌が大ヒットしました!

トイレにはきれいな女神様がいるんやで~♪

だから毎日、きれいにしたら~女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで~♪

和田アキ子さんはこの歌詞のように『トイレを掃除すると美人になる」と言われてから、ずっと続けているようです。

烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)とは?トイレの神様である理由!

「トイレの神さま」の名は”ウスサマ明王”さまです!

”ウスシマ”と呼ぶ場合もありますが、もともとは仏教とともに”音”で入ってきたので、「サ」でも「シ」でも同じですね!

密教における明王の一尊です。台密では五大明王の一尊です。”烏枢瑟摩明王” ”烏瑟沙摩明王” ”烏芻沙摩明王” とも表記されています。

ウスサマは古代インド神話において元の名を「ウッチュシュマ」、或いは「アグニ」と呼ばれた炎の神であり、この世の一切の汚れを焼き尽くす、強い功徳を持ちます。

仏教に包括された後も「烈火で不浄を清浄と化す」神力を持つことから、心の浄化はもとより日々の生活のあらゆる現実的な不浄を清める功徳があるとします。

幅広い解釈によってあらゆる層の人々に信仰されてきた火の仏です・・・意訳から不浄潔金剛や火頭金剛とも呼ばれていたようです。

烏枢沙摩明王は彫像や絵巻などに残る姿が、一面六臂であったり三面八臂であるなど、主に右足を大きく上げて片足で立った姿であることが多いようです。

出展:#烏枢沙摩明王のブログ

トイレ掃除で運気や金運アップする理由とは?

昔から、不浄を浄化するとして、密教や禅宗等の寺院ではウスサマは便所に祀られることが多かったようです。

便所は古くから「怨霊や悪魔の出入口」と考える思想があったことから、現実的に不潔な場所であり、怨霊の侵入箇所でもあった便所を、”烏枢沙摩明王の炎の功徳”によって清浄な場所に変えるという信仰が広まり今に伝わっているようです。

現代のトイレも、風水で考えても、一番悪い気が溜まる浮上の場所となっております。

人にも影響されるということですので、その場所をトイレ掃除にすることで、悪い気を寄せ付けず運気や金運アップすると言われています。

そしてもう一つは、『トイレの神様』がいるからです。

そうです!烏蒭沙摩明王(ウスサマ)ですね!

トイレをきれいにすると、ウスサマはとてもきれい好きなので、その人の運気をアップさせてくれるようです!

まだまだある驚くべき、ウスサマのご利益がありますのでご紹介いたします!

烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)のご利益が凄い!

さらには、下の病気や婦人科の病気からも守護してくださいます。日本では出産にあたって血の穢れを取り除く守護神として祀られていたそうです。

なかなか子宝に恵まれない人を救うともされ、更には相思相愛にまでご利益があるという説もあります。

この明王は胎内にいる女児を男児に変化させる超能力を持っていると言われ、男児を求めた戦国時代の武将に広く信仰されてきました。

これが「烏枢沙摩明王変化男児法」という祈願法として今に伝わっています。

静岡県伊豆市の「明徳寺」などでは、烏枢沙摩明王が下半身の病に霊験あらたかであるとの信仰もあるようです。

もうあれこれ、数え切れないほどのご利益が・・・これはトイレ掃除をしない手はない?なんて・・・

スポンサーリンク

ご利益のあるトイレ掃除の仕方!

トイレ掃除をする時に、ある呪文のようなもの・・言霊を唱えると良いそうですよ!

ここで言う言霊とは、真言やマントラも含みます!

烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)の真言とは?

御真言は2つあるようですが、どちらでも大丈夫そうですよ!意味は変わらないようです。

「オンクロダノウ ウンジャク ソワカ」

「オン シュリ マリ ママリ マリシュシュリ ソワカ」

この御真言を唱えながらトイレ掃除をし続けてみて下さい。

「烏枢沙摩明王様いつもありがとございます」と付け加えても良いと思います。

お金や仕事の面で、楽しい事が次々に起こると言われています。

また、祀っている寺社によっても微妙に真言が異なることがあります。

※そもそも真言とは「真実の言葉」という意で、転じて仏の言葉をいいます。

サンスクリット語を音写したもので、真理を凝縮した呪文的な言葉とされます。発音そのものに意義があるということなので、ただただ唱えるとよいそうです。

また、真言は心の中で唱えればよいそうです(もちろん声に出してもかまいません)

その場合は奇数回がよいそうです!

本当は21回唱えるそうですが、それだと大変なので3回、もしくは5回という回数でもよいとされます。

トイレ掃除をするとき、「不平不満、グチ、悪口、泣き言、文句を言わず、おもしろがって掃除をすること」を守ってください

そしてその上で、ウスサマのお札を貼り意識してみるとより、効果がありそうです!

烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)のお札とは?

烏枢沙摩明王の功徳にあやかりたい、でも近所に烏枢沙摩明王を祀っているお寺がない…そんなあなたもご心配なく。
なかなか入手が難しい烏枢沙摩明王の御札。

「直接は行けないけどお札は欲しい」という方は、烏枢沙摩明王を祀っているお寺などから御札を送付して頂くことが出来るようです!

烏蒭沙摩明王 お札

出展:https://blogs.yahoo.co.jp/dogunta12/13936910.html

以下は烏枢沙摩明王のお札を購入できるお寺の一例です。

・高岡山瑞龍寺(富山県)
・秋葉総本殿・可睡斎(静岡県)
・金龍山・明徳寺(静岡県)
・曹洞宗・海雲寺(東京都)
・天台宗泰叡山・瀧泉寺(東京都)
・金峯山修験本宗総本山・金峯山寺(奈良県)
・我拝師山求聞持院・出釈迦寺(香川県)

御札には壁に貼るタイプや、立てかけるような御札もあり、様々あるようです。

効果のある御札の貼ると良い?

お札はトイレの中のドアか壁に貼って使用します。

用を足すとき目の位置より上にお札が来るように貼ります。

お札を眺めながら、また、掃除をしながら烏枢沙摩明王様に感謝の念を送り、ご真言を唱えるといいでしょう。

スポンサーリンク

さらに凄い・・・成功者のトイレ掃除の仕方!(番外編)

みんなは手袋や掃除用具をつかう所、イエローハット創業者、鍵山秀三郎さんは「素手」で行うそうです!

便器も、床もです!

時には糞尿の山に素手を突っ込んで、うすさま明王様のいるトイレ掃除をなさるそうです。

タモリさんも、素手で掃除し、爪でこびりつきを掃除するとか・・・みなさん素手で掃除する方も多いそうです!

多くの億万長者が実践していることで

★トイレがきれいで、清潔に保たれていること

★トイレの蓋がきちんと閉じられていること

★トイレはいつも明るく、物を置かずにスッキリと整理整頓しておくこと

そして、その億万長者の多くの人が成功した後でも、トイレ掃除を人に任せず自分でずっと行っているというのです!

自分の家のトイレだけでなく、スーパーマーケットでも、デパートでも、電車の中でも、コンビニ でも映画館でも、自分が入ったトイレが汚れていたら、一点の曇りもなく磨いて出てくる。 そうするとなぜか、臨時収入があるらしいのです。

郷ひろみさんは食事をした際に、利用したレストランのトイレを掃除するくらいにきれいにするそうです。

とにかく「面白がる」こと、「続ける」こと、そして「人に見られないようにやる」ことがコツだそうです。

北野武さんのトイレ掃除

「トイレ掃除は、俺の変な癖だ。他の部分では特に潔癖症というほどじゃないが、便所の汚いのだけはどうにも耐えられなくて、自分の家だろうが、外の店だろうが掃除しています。」

「何の取り柄もない自分がここまでこれたのはトイレ掃除をずっとやっているからだと思う。」

と、彼の本に書いているそうで、30年以上も続けているようです。

ダスキンの創業者の鈴木清一さんのトイレ掃除

ダスキンの創業者の鈴木清一さんは、京都の「一燈園」というお寺で修行をされています。

その修行とは、路頭に立ち、托鉢と奉仕活動(各家庭を訪問しトイレ掃除をさせてもらう)ことです。

夏休みに中学生や、高校生の受験生が、こちらで1ヶ月修行ができたら、どんな子でも、どんなに難関な希望校でも合格できる!という有名なお話があります。

一般家庭を200軒訪問して、やっと一軒くらいが、トイレ掃除を許してもらえるそうです。

掃除をさせてもらうありがたさは、半端ではなく、隅から隅まで、ぴかぴかに磨き上げるそうです。

この修行を1ヶ月でもできたなら、毎日の勉強なんて、何でもなくなるようです!

挫折しないで修行ができた生徒達は、東大でも京大でも楽々合格できた!ということです!

他人の家を訪問して頼むのも、他人のトイレを掃除するのも、すべて自分の我を捨てなければできないことです・・・

自我やエゴの壁を取り除くことがどれだけパワーがつくことか、このような奇跡が起きたのです。

見栄や外聞、恥ずかしい心、我がままな心、プライドなどのエゴがなくなると、本来の自己が浮き出てくるのです。

エゴや自我をいかにそぎ落とせるか、そぎ落とした分だけ、奇跡が大きく実現できるのです。

イエローハット相談役の鍵山秀三郎さんのトイレ掃除

イエローハット相談役の鍵山秀三郎さんも、「全国掃除に学ぶ会」の活動で下記の言葉を提唱されています。

1.謙虚な人になれる

どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることはできない。

人間の第一条件は、まず謙虚であること。謙虚になるための確実で一番の近道が、トイレ掃除です。

 

2.気づく人になれる

世の中で成果をあげる人とそうでない人の差は、無駄があるか、ないか。

無駄をなくすためには、気づく人になることが大切。

 

気づく人になることによって、無駄がなくなる。

その「気づき」をもっとも引き出してくれるのがトイレ掃除。

 

3.感動の心を育む

感動こそ人生。できれば人を感動させるような生き方をしたい。

そのためには自分自身が感動しやすい人間になることが第一。

人が人に感動するのは、その人と手と足と体を使い、さらに身を低くして一所懸命取り組んでいる姿に感動する。

特に、人のいやがるトイレ掃除は最高の実践道場。

 

4.感謝の心が芽生える

人は幸せだから感謝するのではない。感謝するから幸せになれる。

その点、トイレ掃除をしていると小さなことにも感謝できる

感受性豊かな人間になれる。

5.心を磨く

心を取り出して磨くわけにいかないので、目の前に見えるところを磨く。

特に、人の嫌がるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。

人は、いつも見ているものに心も似てくる。

出展:http://d.hatena.ne.jp/lyra999/20100715さんありがとうございます

小林正観さんのトイレ掃除の意味が面白い!

小林正観さんという作家さんがいます。
この小林正観さんのお話の中で、うすさま明王様のちょっと興味深いお話があります!

家庭には、それぞれ家庭を守ってくれる7人の神様がいます。
家が新しく建てられると、この7人の神様が自分の担当する部屋や場所に、この七人の神さまがダーツと走っていって、自分の担当する部屋を決めるようです。

1番目に着いた神様は一番お金がかかっている「応接間」担当

2番目に着いた神様は次に見栄えがいい「玄関」担当

3番目に着いた神様はテレビなどいろんなものが置いてある「リビング・居間

4番目に着いた神様は「寝室

5番目に着いた神様は「かまどの神」といわれており、「台所

6番目に着いた神様は「汚れた所を洗い流す」ため、「洗面所」「お風呂

7番目に着いた神様が残っている場所は「トイレ」のみ。

この7番目に到着するのが「ウスサマ」です!

1番目に着いた神様は手ぶらだから一番早い

2番目に着いた神様は小さな紙袋くらいの大きさのお土産を持っている

3番目に着いた神様はセカンドバックにお土産を持っている

4番目に着いた神様は小さなリュックを担いでお土産を入れている

5番目に着いた神様はバックパックにお土産を入れている

6番目に着いた神様は大きなかたまりを入れている。

7番目に着いた神様は山男が背負うような、背中が全部見えなくなるほどの大きな ザックを背負っている

そして7番目に着いた神様は、いっぱいに荷物を背負っているため、走る事ができず、一番遅くなるのですが、その中身は・・・金銀財宝が入っているのです。

その家に行って、みんなを裕福にしてあげようと思うので、心優しい神様のようです!

出展:http://kujira.bufsiz.jp/column/01.htmlありがとうございます!

烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)様にやってはいけないこと!

最後に、タバコを吸うという行為です 男性だけでなく女性にも多くみられるトイレで吸っている方多いのですが・・・

烏枢沙摩明王さまは、タバコがお嫌いなのだそうですよ!

トイレで吸うと、お金は貯まらないと言われています・・・汗

ちなみにトイレでタバコを吸うのが大好きという女性は、

トイレでタバコを吸うと『婚期を逃す』とか『縁遠くなる』とも言われています。

ここまでお読み頂きありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人気の記事です!

⇒氏神様の調べ方!氏神様とは?お参り方法で神様にご挨拶しよう!

⇒ベストな神棚・お供えの配置でお家を聖地にする理由とは?

⇒最強パワースポットのまとめ

⇒伊勢神宮が大好き!まとめ記事

スポンサーリンク

 - スピリチュアル, 暮らし・生活