お釈迦様とは?誕生日を祝う花祭りと甘茶の由来の伝説が面白い!

   

出展:blog.livedoor.jp

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

スポンサーリンク

お釈迦様とは?一体どんな人?意外な誕生秘話!

お釈迦様は約2600年前、インドで仏教を説かれた方で、現在のネパール地方の「カピラバストゥ国」の王子様として生まれたそうですよ~

出展:https://syukatsulabo.jp/

お名前はガウタマ・シッダールタ

仏教という教えを最初に開いた方です!

それが日本に仏教が伝えられた際に、”シャーキヤ”という呼び名に漢字があてはめられ

釈迦(しゃか)

尊敬の意味をこめて、お釈迦さまと呼ばれるようになったようです!

母親である摩耶夫人は、ある夜に6つの牙を持つ白い象が天から降りてきて、右脇の体内に入る夢を見たようです。

出展:en-nichi.seesaa.ne

象はインドでは「聖獣」とされているようですね

ガネーシャという神様も有名です!

夢位占い師に聞けば、この夢は「お世継ぎ誕生の兆し」であると予言したようです。

その後摩耶夫人はご懐妊されて、出産の里帰りの途中で立ち寄った、ルンビニ園の庭で右脇の下からお釈迦さまがお生まれになったとされています。

(お釈迦様が兜率天(今は弥勒菩薩が修行している)から象に乗って母の胎内に下生してきたというお話もあるようです。)

月満ちて摩耶夫人はお釈迦様を生むが、7日目には亡くなってしまったようです。

神秘的な逸話に装飾されたお釈迦様の出生で、どこまでが史実かは分かりません。

右脇の意味は武力の象徴のようです。

大切なものを抱えるようなところですよね!

インドでは昔から王族などの高貴な人は

右腕や右脇から生まれたとされることが多いようですよ~

お釈迦さまの言葉が深い!

お釈迦さまは生まれてすぐに・・・

四方に七歩ずつ歩いて

右は天、左手は地を指して

天と地を指差し

「天上天下唯我独尊」
(てんじょうてんゆいがどくそん)

と言ったそうです。

出展:http://holoholo.air-nifty.com

私の上にも下にもほかに私はいない、

私はただ1人の存在だ

「唯我独尊」とは・・・

自分が一番偉いおいう意味で使われることもあるのですが

お釈迦さまが説いたのは

私たちの命はみな、かけがえなく、あるがままに尊い
という意味なんだそうです。

仏教の平等思想が出ていますね!

お釈迦さまは2600年前に「万人は平等なり」と仰っているので、身分制度を打ち破り

どんな人間も、尊い目的を果たす為に人間に生まれてきたのだから、すべての人は平等である

と仰ったそうです。

それが本当の天上天下 唯我独尊」のお言葉なんだと伝えられているのです。

お釈迦様の誕生日を祝う花祭りと甘茶について

お釈迦さまが生まれた4月8日に、花祭りが行われます。

正式には灌仏会(かんぶつえ)と呼ばれ奈良時代より行われています。

奈良の元興寺から始まったとされています。

別名としてたくさんの呼び名があるようです!

降誕会(ごうたんえ)
仏生会(ぶっしょうえ)
浴仏会(よくぶつえ)
龍華会(りゅうげえ)
花会式(はなえしき)

スポンサーリンク

何故?花祭りと呼ばれるのか?2つの説がある

何故?花祭りと呼ばれるかというと、お釈迦様の生まれたルンビニの花園というのがありましたよね!

それに見立て、たくさんの花で飾った御堂を作り、お祝いをするからだそうです。

明治時代に、ドイツに留学中の僧たちがホテルに集まり、花で飾った誕生仏を囲んで降誕会を行われました。

その様子を見ていたドイツ人が、華やかに花で飾られた御堂を見て、

「ブルーメン・フェスト(ドイツ語で花まつりの意味)」を名付けたのが、日本でも花まつりと呼ばれるようになった由来だと言われていて、第2次世界大戦後に一般的にもこの呼称が広まったようです。

一方で仏教とは関係なく、4月8日に農村で行われていた豊作を願う儀式に、お花を依代(よりしろ)として使ったため、それが仏教行事と重なり、花祭りと呼ばれるようになったという説もあるようです。

花祭りは、私達一人ひとりが、かけがえのない命を、生きていることを改めて気づく日でもあるのです。

お釈迦様の誕生日【花祭り】は何をするの?甘茶(あまちゃ)の由来の伝説とは?

花祭りではお花で飾られたお堂「花御堂」に祀られたお釈迦さま像に柄杓(ひしゃく)で「甘茶」を注いで拝みます。

実際に甘茶をかけている動画です。

参拝者には甘茶が振舞われ、甘いお茶をいただきます。

このお茶を飲むと健やかで賢い子供になると言われ、仏教系の幼稚園では園児が甘茶をいただく様子が見られます。

また、甘茶で手習いをすると字が綺麗になるとも言われています。

この花御堂はお釈迦様が生まれたとされる、ルンビニ園を表現したもので、桜や椿、れんぎょう、木蓮、こぶしなどの花々で飾られるようです!

出展:chofukuji.exblog.jp

ここに甘茶の面白い伝説があります!

お釈迦さまがお産まれになった時、

九頭の竜が天から甘いお水「甘露(かんろ)」を吐いて、おしゃかさまのはじめてのお風呂(産湯)にしたそうです!

甘露とは中華世界で古来より伝わる、「天地陰陽の気が調和すると天から降る」とされる甘い液体のことです。

王の徳が高いと、それに応じて天から降るとされている伝説があるのです!

花祭りで甘茶を使われるようになったのは、江戸時代からだそうですよ~

元々は五香水や五食水という5種類の香水を合わせたものを使われていましたが、今では甘茶にしているところがほとんどのようです。

甘茶の効能とは?

甘茶とは「ヤマアジサイ」の変種で、夏ごろに葉を摘み、乾燥させ、発酵させると味が甘く変化し、その甘さは砂糖の約1000倍とも言われています。

出展:http://www.yomeishu.co.jp

甘茶は生薬としても使われますが、日本独特のもので、中国にはないようです。

お釈迦様の誕生日を祝う花まつりで振舞われる甘茶ですが、身体に良い効能もあるので、普段から飲んで見るのも良いそうですよ!

効果効能

・抗アレルギー作用
・抗菌作用
・食欲不振
・口臭予防

抗アレルギー作用があるので、花粉症や、お茶を湿疹のところに塗布するとアトピー性皮膚炎にも効果があるとされています!

砂糖の代用

甘茶の甘み成分は「フィロズルチン」といって砂糖の約1000倍の甘みがありながら、ノンカロリーです。
そのため、糖尿病患者やダイエットをしている人が砂糖の代用として使うことが出来ます!

1ℓのお湯に対し2-3gの甘茶を使い、2-3分蒸らしてから頂きます。

お釈迦様の命日【入滅日】

お釈迦様が入滅された日は、2月15日とされています。

多くのお寺で、涅槃会(ねはんえ)法要が営まれます。

涅槃会の法要は、現在の暦の3月15日に行う寺院が多いようです。

しかし実は、お釈迦様は生まれた日と同じ日に亡くなったといわれています。

南伝仏教では、お釈迦様入滅の日が「ヴァイシャーカ月の満月の日(ウェーサーカ祭)」なんだそうです。

生まれた日は「その日」を活かして西暦4月8日(もともとは旧暦の4月8日でした)

に移されたのですが、亡くなった日は、お経の中に第2の月の満月とされてたようです。

「ヴァイシャーカ」というのはインドの暦で「2月」の意味なのでここから定められたと伝わっています。

涅槃会という言葉の由来ですが「涅槃」は、悟りを開くという意味によく使われますが
お釈迦様が入滅したという意味としても使われます。

入滅とは、仏教において悟りをひらかれた方が亡くなることを指します。

お釈迦様は入滅の際、沙羅双樹の木の下で、頭を北にして西を向き、右脇を下にして臥したお姿で、その周囲で弟子や菩薩、多くの鳥・獣・虫たちが嘆き悲しむ様子が、釈迦涅槃図として伝えられています。

釈迦涅槃図について

この法要では、涅槃図を掲げてお釈迦様の最期となる説法「仏遺教経(ぶつゆいぎょうきょう)」を読誦したり、涅槃図に描かれている絵の説明をする、「絵解き」を致します。

出展:http://nowemon.jp

世界にも日本国内にも沢山の釈迦涅槃像があります。

その中でもとても美しい動画があったのでシェア致します。

ここまでお読みいただきありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - イベント, スピリチュアル, 季節