般若心経の現代風の意味とは?般若心経 読み方 と全文が面白い!

   

出展:https://i.ytimg.com

出展:https://i.ytimg.com

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

仏教には経典と呼ばれる、信仰の模範を記した書物があります。

その経典は、各宗派によってさまざまなものが存在しているようですよ

その経典のひとつである、般若心経は耳にしたことがある人も多いですよね

パッシーの祖父は毎日唱えておりました!

仏教の経典は全て漢字で書かれているために、般若心経も例外ではなく、 ひと目見ただけでは内容が分からないのです・・・汗

普段唱えている、あるいは耳にする般若心経が実際はどのような内容であるか興味を持っている人もいると思います!

パッシーも先祖供養そして・・自分供養の為に毎日唱えることにしました。

自分供養ってはじめて効かれる人も多いと思いますが・・・最高のアセンションなんです!

後ほど記事にしていきますねww
このサイトは本当にマイナーなことを書いてます(ΦωΦ)

パッシーは好きな人に読んでもらえれば良いのですね~

出展:matome.naver.jp

出展:matome.naver.jp

そこで今回は、般若心経にはどのような意味があるのか?

般若心経の現代語訳と共に、流れなどをご紹介したいと思います。

般若心経は「空」の思想を説いた経典

般若心経とは、仏陀の教えをもとに始まった仏教である大乗仏教における、

「空・般若思想」を説いた経典のことで、正しくは般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう)といいます。

般若というのはいわゆる悟りのことで、これについて説いている経典全てを般若経典と呼んでいます。

三蔵法師がインドから持ち帰った経典を漢語に訳し、600巻ほどにまとめた大般若波羅蜜多経が有名です。

この大般若波羅蜜多経のなかから、空の思想に関する部分だけを抜粋し、まとめたものが般若心経なのです。

般若心経を含む般若経典は他の経典とは異なり、多くの場合で仏陀の思想にとらわれないことを説いているようです。

そのため、浄土真宗と日蓮宗を除いた多くの宗派で読まれ、また仏教以外でも読まれることがあります。

しかし、仏陀の思想にとらわれないということから、批判の対象となることも多い経典といえます。

同じ仏教でも般若心経を唱えない宗派もあり、浄土真宗は南無阿弥陀仏を唱えれば救われるという本願他力の教え、日蓮宗では法華経を第一にするという教えがあることから、般若心経は唱えられないようです。

般若心経の読み方と全文

般若心経は300字程度で構成されているため、それほど長いものではないそうです
そのため、僧侶などでなくとも比較的覚えるのは簡単なものだと言いますが・・
 
パッシーは覚えるのにどのくらい時間がかかるのか?今からどうやって覚えるのか考えています。

とりあえず毎日全文を目に触れさせて、読み方を頭に入れていく必要があるのですが
もっと面白く般若心経を覚えられないのかなと思いました!

出展:http://www.osohshiki.jp/

出展:http://www.osohshiki.jp/

般若心経はおおまかに4つのブロックに分けられるそうです

①「誰がどのように般若を得たか」

第1のブロックでは、誰がどのようにしてこの思想を得たのか、ということが説明されています。
観音菩薩が悟りを得る修行の中で、この世の五蘊(ごうん)には実体がないことを明らかにし、苦しみから解き放たれる方法を見つけたことが書かれています。

五蘊(ごうん)とは、人間の意識を構成する5つの要素のことです。

・色蘊:肉体などの物質

・受蘊:人間が感じるもの

・想蘊:人間が想うもの

・行蘊:人間が行うこと

・識蘊:人間が認識するもの

②「弟子への呼びかけ」

第2ブロックでは、古い弟子である舎利子(シャーリプトラ)に呼びかけています。

1行目の

キャプチャ

「この世の形あるもの全てに実体がなく、実体がないからこそあらゆる形を得ることができる。これは人間の感覚についても同じである」

2行目には、

キャプチャ

「実体がないのであれば、生まれることもなく、消えることもなく、汚れることもなく、清らかでもなく、増えもせず、減りもしない」

④「般若心経の真言について」

第4ブロックでは、その悟りの境地に至るための真言について説明しています。

この真言は並ぶことのない言葉であり、これにより苦しみは解き放たれるとされていて、それこそが般若心経なのです。

真言は「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」の部分で、

ギャーテー・ギャーテー・ハーラーギャーテー・ハラソーギャーテー・ボージー・ソワカ

これには「往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、さとりよ、幸あれ」という意味があります。

出展:http://www.benricho.org/

出展:http://www.benricho.org/

 

覚えるのに分かりやすいサイトがあったのでシェア致します!
音源が良いですね~

⇒般若心経を読む【音源あり】

般若心経の現代風の意味とは?

スポンサーリンク

現在、般若心経の現代語訳については書籍やインターネットなどで簡単に探すことが出来ます!

それぞれで内容が変わっていることもありますが、解釈は人によっても異なるので、どれかが間違いということはないそうです!

パッシーは面白い動画を見つけました!

般若心経を現代風にアレンジしたものをご紹介します!

この般若心経 現代語アレンジは、ニコニコ動画の「初音ミクアレンジ『般若心経ロック』」という人気動画に、一般ユーザーから投稿されたコメントが出自とされていますが、ハッキリとした作者は未だに分かっていないようです!

いや~この作者は本当に天才です!

超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?

誰でも幸せに生きる方法のヒントだ。

もっと力を抜いて楽になるんだ。苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ。

安心しろよ。この世は空しいモンだ。痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。

この世は変わり行くモンだ。苦を楽に変える事だって出来る。

汚れることもありゃ背負い込む事だってある。だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。この世がどれだけいい加減かわかったか?

苦しみとか病とか。そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?

何のアテにもなりゃしない。揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。

それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ。

辛いモノを見ないようにするのは難しい。でも、そんなもんはその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。無理して照らそうとしなくていいのさ。見えない事を愉しめばいいだろ。

それが生きてる実感ってヤツなんだよ。正しく生きるのは確かに難しいかもな。

でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ。

苦しんで生きる必要なんてねえよ。愉しんで生きる菩薩になれよ。

全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな。適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。非情になれって言ってるんじゃねえ。

夢や空想や慈悲の心を忘れるな。それができりゃ涅槃(ねはん)はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ。ただ受け止め方が変わるのさ。

心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい。細けぇことはいいんだよ。苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる。そういうモンなのさ。

今までの前置きは全部忘れても良いぜ。でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

「唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり」
「悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する」


心配すんな。大丈夫だ。

コメントの投稿から数年経った今も尚、ネット上で支持され続けており、随所で「泣けた」、「元気でた」などコメントが寄せられているようです!

「初音ミクアレンジ『般若心経ロック』」

パッシーは気がつきました!

般若心経ってとてもむずかしいイメージがあったのですが・・・

応援歌なんだと思いました!

生きている私たちが道に迷わないように・・
メッセージを込めた歌と同じなんだと

まさに祈りの応援歌です!

愛を込めた・・弾き語りと同じなんですね!

ご先祖様にこの最高の詩でもあるのですね~

よしよしコレなら楽しみながら唱えていけると
パッシーも一安心です!

また気づきがあったら随時更新していきます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - スピリチュアル