【世界遺産】日光観光おすすめルート・神橋に渡り歴史を感じよう!最強パワースポット

      2016/07/10

日光 神橋

出展;http://www.r120.com/

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

世界遺産の神橋は渡れる!

東武日光駅から徒歩20分ほど、にぎやかな商店が軒連ねている先に神橋はあります。

ここはよく写真などにも使われる場所で、赤い橋がとても印象的です。

日光 神橋

近くには日光屈指の老舗ホテルである金谷ホテルなどもあります。

神橋へアクセスをするのであれば、このあたりは少し道も混みやすいので車よりも徒歩の方がお勧めなんです!

神橋の歴史とは?

世界遺産に登録されている「日光の社寺」の二荒山神社の建造物のひとつ、神の橋と書いて「神橋(しんきょう)と読むこの橋をご紹介します!

神橋の歴史

出展:http://www.nikko-syaji-tanken.jp/

歴史が古いですね・・
奈良時代から存在したのですね。

神橋ははじめのころは「はね橋」の形式ですが、江戸時代に日光東照宮の造営がはじまり、それをきっかけに日光の玄関口としてふさわしい造りにしようと、橋の脚を補強がされました。

残念ながら、その当時の橋は明治時代の洪水によって流されてしまい、明治37年に再建されたものが現在のかたちとなっています。

今まで老朽化や洪水などで何度も修復され現在の姿になっています。

1950年には国の重要文化財に指定され、世界遺産にも登録をされたことでこの橋は大切に守られています。

出展:http://www.nikko-syaji-tanken.jp/

出展:http://www.nikko-syaji-tanken.jp/

パッシーは3歳の時にこの橋を渡ったことがあります。
それからしばらく渡れない時期があったのですが、最近は渡れるようになったようです。
橋の下を清らかに流れる川は大谷川の清流で、この清らかな水を見ていると日光には確かにおいしいお酒がたくさん製造されているので、本当に美味しいのです!

この橋は日光の神聖な橋としても知られており、近年のパワースポットのブームをうけてか多くの女性客が訪れていました。

これはアーチ型の木造造りの橋であり、その構造から山口県の錦帯橋、山梨県の猿橋と並んで日本三奇橋の一つに数えられています。

ちなみに読み方は『しんきょう』といいます。赤い朱塗りの橋はまさに日光に山深い景色の中にインパクトを与えてくれています。

スポンサーリンク

神橋の言い伝えとは・・・

勝道上人が日光を開山するときに、大谷川に道を阻まれ、そこで祈りを捧げ神の助けを求め、空を見上げてみると、雲の中から深沙王(じんじゃおう)が蛇を放ったといういわれがあります。

蛇のうろこに山菅が生えていたことから、この橋が渡りやすくなったといわれ、『山菅の蛇橋』とか『御橋』ともよばれることがあります。

神橋

出展:http://www.r120.com/

 

それではいよいよ神橋へ・・と思っていたら左側になにやら巨大な岩が!
とても迫力がありました!
CIMG6466
とてもカメラでは収まりきれないほどの1枚岩でした。
CIMG6468

橋へ通じる通路の右手には、橋がかかる大谷川(だいやがわ)の清らなな水の流れをみながら進みます。

遠くで見るよりもはっきりとした赤が目に飛び込んできます。

橋はわずかに弧を描き真ん中が最も高く盛り上がっています。

ゆっくりと橋を渡りながら川の流れや周りの山々を見るととても気持ちが晴れやかに・・・

神橋

出展:http://www.r120.com/

二荒山神社の結婚式ではこの橋をお二人で渡ることができるそうです。

CIMG6472

橋を渡り切ると、先には行けないようになっているので折り返して、橋を戻ってきます。

CIMG6470

橋に渡った時の風景がこちらです!
とにかくとても気持ちが良いのです・・
大谷川のマイナス電子が沢山取り込めそうです!!

CIMG6471

ふと気づくと、橋の両側に向かい合うかたちで祠が祀られてあります。

「橋姫神」という姫神様

購入したチケットと一緒に受け取ったパンフレットによると、「橋姫神」という姫神様が祀られているとのことで、対岸の深沙大王と男女一対となり橋の守護神として橋と橋を渡る人を守っているいます。

CIMG6480

また橋姫様は日光の聖域との間を取り持つ力を持ち、良縁を結ぶ神様とされているようです。
お写真を取らせて頂きました!

結婚式でこの橋を渡るのはそういう意味なんですね。

日光の世界遺産を訪れた際は、是非この「神橋」にも足を運んでみてください。

願いを叶える現代版!”神橋紙ヒコーキ”とは?

CIMG6476

CIMG6478

まさか神橋から紙ひこうきさんを飛ばすとは思いませんでした!
芸能人が訪れ、テレビでも放映されたことがあるようですよ!

この橋の上にいると・・マイナス電子が多く、とても安らげました!
そして、瞑想も短時間ですがすることが出来て、直ぐに宇宙と繋がれる感覚でしたね!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

日光のパワースポットの関連記事です!

⇒東武線でお出かけ日光東照宮のパワースポット!究極のゼロ磁場!日帰りでも行けちゃう?!

⇒日光東照宮 五重塔が凄すぎる!「東京スカイツリー」の建設計画に応用されていた?!【世界遺産】

⇒見ざる聞かざる言わざるの三猿の悪事意味とは?もう一匹いた4匹目の猿伝説??

⇒日光東照宮の眠り猫の歴史の秘密とは?【世界遺産】

スポンサーリンク

 - パワースポット