2017年年賀状一言文例集まとめ!上司・部下・同僚・親戚・先輩の心を動かそう!

   

出展:www.wanpagu.com

出展:www.wanpagu.com

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

年賀状の季節がもうすぐやってきます!

同僚はともかく上司や部下に送るとなると、友人とは違い、どんな一言を添え書きすればいいのか?毎年悩むことと思います。

年賀状を書く相手の中には、仕事関係の人や恩師など、様々な立場の人がいるので、立場に合わせた書き方が必要です。

Passy さん
せっかくの年賀状を出すのであれば、心をこめた言葉を書いていきましょう!

年賀状も実はスピリチュアル的なんですよ!

相手に自分の思いを伝えて、仕事をし易い環境をつくっていきましょう!

なんでも意図すると、その通りに現実が起こってきます。
どうでもいい挨拶を送っていると、逆効果です。

メールでSNSでいつでもメッセージ出来る世の中ですが、アナログの直筆文字は印象的でエネルギーが入ります!

年賀状に添える気の利いた一言・文例をまとめてみました!

スポンサーリンク

年賀状に添える一言メッセージ文例集~ビジネス~

年賀状の一言文例① 上司・先輩の場合

目上の方には、失礼にならないようなひと言が大切です。

「季節の挨拶」

「昨年のお礼や日頃の感謝の一言」

「相手の健康を気遣う」

「幸せを願う一言」

「来年に繋がる話題」

「自分の近況報告や次年度の予定や目標」

Passy さん
特に感謝のエネルギーは絶大ですので、必ず一言、直筆で書き添えると苦手な上司との関係性がよくなります。

 

◆「恭賀新年旧年中のご縁に感謝いたします。

本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」

昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます。

「本年もよろしくご指導下さいますよう願い申し上げます。」

「今年は入社○年目、これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります。」

「○○プロジェクトでは大変お世話になりありがとうございました」

◆「本年度もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。」

◆「昨年度は格別のご指導を賜り、厚く御礼申し上げます」

◆「更なる飛躍の年にするべく努力する所存です」

感謝のパワーは絶大です!
嫌いな上司にも感謝のパワーを言葉にしてみてください。

不思議と状況が変わりますよ。

年賀状の一言文例②部下の場合

部下の場合は、激励の言葉を入れて、やる気を出してもらいましょう。

一人の力はどんなに優秀な人でも限られています。
出世には人望が大切です。

普段から目をかけいるアピールも良いかもしれせん。

自分が上司から言われて嬉しいことを想像しながら記してみると良いと思います。

◆今年も共に頑張りましょう!

◆○○さんのますますの成長が楽しみです。

◆今年の○○プロジェクト!頼みます!○○さんの力が必要です。いつもありがとうございます。

◆一緒に今度飲みに行きましょう!仕事上の悩みがあれば、いつでも聞くので連絡ください。

部下にも感謝の気持ちの文章を必ず入れてみてください。

貴方の為に動いてくれるようになります。

年賀状の一言文例③同僚の場合

同僚はライバルになるのですが、とにかく足を引っ張るのではなく、相手を褒めることです。

そして情報収集が出来るように環境づくりです。

◆今年も共に頑張りましょう!○○さんの事務能力がスゴイといつも尊敬しています。

◆共に飛躍の年にしましょう!○○さんは〇〇の件が詳しいので
今度教えて下さい!

◆〇〇さん!今年のプロジェクトを共に成功させましょう!
お互い体調に気をつけて頑張ろう!

年賀状の一言文例④取引先・お得意様・顧客の場合

スポンサーリンク

特にお得意様で顔を付きあわせている人で、気心の知れたであれば、直筆でのメッセージは効き目があります。

特に〇〇さんと語りかけるようなメッセージは相手の心を響かせます。

◆本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。
〇〇さんのお話はいつも勉強になります。今後ともよろしくお願いします

◆貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。
〇〇さんのアイディアで事業を盛り上げてください!
社員一同、更なる努力をもって、みなさまのお役に立てるように頑張る所存です。

◆御社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます
〇〇さんいつも遅くまでお仕事お疲れ様です。
体調に気をつけて今後ともよろしくお願いします

年賀状の一言文例⑤親族・親戚の場合

親戚の年賀状は毎年送られてきますが、やはり年一回の挨拶になるので、〇〇さんと個人的にメッセージを入れると喜ばれるでしょう。

気遣う一言

「ご無沙汰しておりますが、その後はお変わりありませんか?」

「今年はお会いできることを楽しみにしています。」

「今年は家族揃ってお伺いしたいと思っていおりますので、その時はよろしくお願いします」

「くれぐれもご自愛ください」

「どうぞ楽しいお正月をお過ごしください」

感謝を表す一言

「いつもお世話になっています」

「○○の際は大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします」

「おかげさまで家族一同元気に過ごさせて頂いております。」

最後の幸せを願う一言

「皆様のご多幸を心よりお祈りしております」

「○○さんにとってすばらしい一年になることを願っています」

パッシーの本音

年賀状・・本当に毎年面倒くさかったです・・・汗
便宜的にやらなければならないというのが・・とにかくやらされている感覚で嫌だったのです。

しかし年賀状も相手に自分の気持ちを伝える良いチャンスと考えて意図して一言メッセージを送ってください。

言葉は言霊と言って、日本で「言葉に宿ると信じられている霊的な力」の事です。

声に発した言葉が、何らかの影響を与えると信じられていて、いいことを言うと、いいことが
悪い事を言うと、悪い事が起きるとされています。いつも口にする言葉や文字にすることは
現実化していくのです。

ですから年賀状は年始めの大切な言霊にしていくメッセージだと考えてください。

より良い人生を歩みたい、幸せになりたい人ほど、ハッピーな気持ちで年賀状に自分の気持ちと〇〇になったらいいな~との思いを込めてくださいね!

人間関係がよくなるキッカケになるかもしれません。

年賀状をあなどるなかれです!

ここまでお読み頂きありがとうございます。

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - イベント, 季節