香港マカオフェリーターミナル乗り場や予約・時刻表・料金のまとめ!

   

出展:http://viaggio-rf.blog.jp/archives/12707983.html

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

近年、マカオが観光地としてかなりの人気になってきています!

以前は香港のついでにマカオに行く人が多かったのですが、毎年11月に開かれるマカオグランプリなど日本人でも観光として選ばれる方も増えてきております。

マカオに訪れる観光客は年に4000万人を超えています!

現在はラスベガスの7倍の売上があると言われていて、国民にもお金を配るとても豊かな国なんです!

ある意味、金運のパワースポットであると思います!

毎日マカオ直行便が成田、関西、福岡などから出ているのですが、香港を経由し、フェリーで1時間で行くことも出来るのです!

上記は2017年11月現在の情報です!

香港の街には2つのフェリーターミナルがあるのでそちらからもマカオを目指せますが

香港空港にある香港フェリーターミナル(スカイピア)を経由して、香港に降りずにマカオ行く方法が、簡単なんです!

マカオのフェリーターミナルの乗り場や予約・時刻表・料金についてまとめてシェアしていきます!

スポンサーリンク

マカオフェリー乗り場(ターミナル)について、香港には3つのフェリーターミナルがある!

香港からマカオ行きのフェリーが出ているのは、

香港島側の①上環(ションワン)にある港澳客輪埠頭(マカオフェリーターミナル・Macau Ferry Terminal)

九龍半島側の②尖沙咀(チムサーチョイ)にある中国客運埠頭(中港城・チャイナフェリーターミナル・China Ferry Terminal)の2ヵ所あります。

尖沙咀や九龍にお泊りの場合は、②のターミナルが便利なんですが、マカオへそのまま行く方には、香港国際空港からマカオに直行する方法があるのです。

香港空港の③スカイピア(SKY PIER)フェリーターミナルからフェリーに乗り継いで中国本土やマカオへ向かうことが出来るのです!

香港の出入国審査をパスして中国・マカオへ直接入ることができ、面倒な手続きを省くことが出来ます!

マカオフェリーターミナル場所・予約・時刻表について

マカオ行きのフェリー運行会社は2つあります!

1.ターボジェット(噴射飛航)

船内の設備や、シートが古い印象です。
2.コタイジェット(金光飛航)

船内は全体的にきれいで新しい?

マカオにはフェリーターミナルが2つあります。

「澳門(澳門アウターハーバー)」(マカオフェリーターミナル)

旧市街のセナド広場周辺の世界遺産巡りに行くのに便利です。

「澳門氹仔(タイパ島)」(タイパフェリーターミナル)

タイパ島の外資系カジノに行くのに便利です!近年タイパ側の開発が進んでいて、沢山の新しいホテルが建っております。

どちらの目的港に行くのか?前もって宿泊先も含めて調べておいてください。

⇒香港(フェリーターミナル3つ)マカオ(フェリーターミナル2つ)分かりやすい全体図

ターボジェットの行き方とは?

②中港城(チャイナフェリーターミナル)

①港澳客輪埠頭(マカオフェリーターミナル・Macau Ferry Terminal)については下記のコタイターボジェットに記載します。

ターボジェットは、香港九龍チャイナ・フェリーターミナル(香港九龍)⇔マカオフェリーターミナル(澳門アウターハーバー)の本数が多いです!

香港の地下鉄MTRの「尖沙咀駅」から向かうのがベストでしょう!

チャイナ・フェリーターミナル(中国客運碼頭出入境管制站、中港城)へ向かう場合、九龍公園の南側の「海坊道(Hai Phong Rd.)」をまっすぐ西に向かうルートで案内されています!

650mですので徒歩15分あれば十分ですね!

もしも荷物が多く大変でしたら、タクシーを使うのもありです!

筆談かスマホで運転手さんに提示すれば、連れて行ってくれます!

ターボジェット(噴射飛航)の時刻表について

マカオ意外にも沢山の路線があります。

⇒ターボジェット(噴射飛航)時刻表

印刷用PDFファイルがとても分かりやすいです!

ターボジェット(噴射飛航)の予約と料金について

ターボジェットのフェリーのチケットは現地フェリーターミナルの窓口で購入でき、インターネットでチケット予約ができ、料金は以下になります。

Economy Classは254HKD 12歳以下は196HKD 2歳以下140HKD

Super Classは407HKD 12歳以下は303HKD 2歳以下は203HKD

チケットは45日前(エアポート路線は60日前)からクレジットカードで予約でき、予約済みのチケットはターボジェットのチケット窓口または各フェリーターミナルにある自動券売機にて引き取るシステムになっています。

なお、インターネット予約のチケット購入には1枚につき10HKDの手数料がかかるようです。

日本語対応になっているサイトがあるので確認されてください。

⇒ターボジェット(噴射飛航)チケット予約

直近に出発するエコノミークラスのチケットは売り切れることがあります。

現地でのスケジュールが決まっている場合はオンラインで購入しておいても良いのですが、飛行機の到着の遅れもあるので余裕を持っていらっしゃり、その時に購入できるチケットを購入されても良いと思います。
LCCは特に注意だと思います。

※チケットカウンターの周辺にはダフ屋(?)の方々がうろついており、チケットを見せながら話しかけてきます。

流石に香港空港のチケット売り場には居ませんが・・・

このダフ屋さんから慣れている人は購入する人も居ます。

場合によっては安く購入できるからです、そして既に売り切れている時間帯のチケットを高値で売っている場合もあります。

合法なのか??違法なのか??定かではありませんが・・・

コタイジェット(金光飛航)行き方とは?

コタイジェット(金光飛航)は香港・マカオフェリーターミナル(香港島)⇔マカオタイパフェリーターミナル(氹仔)の本数が多いようです。

①港澳客輪埠頭(マカオフェリーターミナル)

香港地下鉄の「上環駅」から行きます。

「D出口」からは連絡通路で直結しているので、迷わずお天気が悪いときでも安心です!
こちらで離発着するフェリーは24時間運航していて本数も多いそうですよ!

コタイジェット(金光飛航)の時刻表について

⇒コタイジェット・香港・上環・マカオフェリーターミナルマカオタイパフェリーターミナル時刻表

⇒コタイジェット・香港空港⇔タイパフェリーターミナル時刻表

コタイジェット(金光飛航)の予約と料金について

コタイジェットもオンラインブッキングで予約できるようです。

⇒コタイジェットチケット予約

料金はこちらです。

エコノミーシート(Cotai Class) 大人 254HKD 子供 196HKD

ビジネスクラス(Cotai First)  大人 392HKD 子供306HKD

コタイジェットは深夜料金もあるようです。

上記の金額に30HKD増しになるようです。

ただ香港空港のフェリーからは深夜の便はないと思われるので、上記の金額で済みそうです。

フェリーチケットの予約は筆者は個人的にはオススメしていません。

理由は飛行機の遅延があるからです。

特に約束の時間が厳密でなければ、通常は予約しないでも大丈だと思います・・しかし春節などの中国のイベント時は混雑することも考えられるので、特別な時期はお席を予約したほうが良いのかもしれません。

筆者は、コタイジェットで香港空港からスカイピアを使い、タイパフェリーターミナルへ行きました!

タイパのシェラトンへ滞在するのでタイパの方が近かった為です。

香港空港のフェリーターミナル「スカイピア」が超便利!

香港空港には空港内に「スカイピア」というフェリーターミナルがあります。

このフェリーターミナルから深セン、広州、中山、珠海、東莞やマカオに乗り継ぐと、香港の入国審査・出国手続きを省くことが出来ます!

通常であれば香港の入国審査をして、香港の出国手続きをマカオに行くことになるのですが、このスカイピアからフェリーに乗ることができれば、省略できるのです!

香港とマカオがそれぞれイギリス・ポルトガルの植民地でしたので、1997年に返還されてからも、香港・マカオは「特別行政区(特别行政区)」として中国本土とは通貨や政治が異なったままに中国の一国二制度となっており、50年間は資本主義を採用し、社会主義の中国と異なる制度を維持することが約束されています。

この両地域との間には現在でも国境(厳密には国境ではありませんが)が設けられているのです。

スポンサーリンク

香港空港のフェリーターミナルからマカオのフェリーターミナルへ乗り継ぎできる条件とは?

誰でもスカイピアを活用してフェリーに乗り継ぎして、マカオに行けるという訳ではなさそうです。

利用するにあたって、注意点があるのです。

持ち込み手荷物だけであれば、基本的に誰でも利用可能のようです。

しかし預け荷物(受託荷物)で香港までの飛行機を利用されたい方は利用に条件があるので要確認です。

預け荷物がある場合の4つの条件とは?

香港までのフライトを「預け荷物あり」で利用した場合、荷物は飛行機からフェリーに直接積み替えられるため、乗り継ぎに条件があるのです。

自分自身で、預け荷物を取りに行って、フェリーに持ち込むことが出来ない仕組みになっております。

1.フェリーに乗り継ぎ対応の航空会社を利用しているリストに記載がある

⇒フェリー乗り継ぎに対応している航空会社リスト

日本から香港へ行く航空会社はLCCも含めてほとんどが提携しているようです。

2017年11月現在ピーチ・アビエーションだけはこの提携リストに載っておりませんので要注意です。

※このリスト以外の航空会社でも乗り継ぎができることもあるようです。

2.乗り継ぎに要する時間が1時間以上ある

荷物の積替えの関係で、乗り継ぎ時間に余裕が無いと乗船を断られることもあるようです。

実際にスカイピアのカウンターで乗り継ぎができるフェリーの時間を案内しています。

ただ預け荷物がある人はよく確認した方が良いです。

※チケットの販売時間(チェックイン時間)は、出航30分前まで。寄託荷物がある場合は出航60分前までです。

3.当日に乗り継ぎができる

香港空港に夜間到着するフライトが多く存在するのですが、マカオへ行くときは、余裕のある時間が良さそうです。

日付とまたがるとスカイピアは利用できないのです。

例えば、そのまま空港で朝まで待って、翌朝スカイピアからフェリーに乗り継ぎは不可なんですね~

ですから、運航本数の少ない路線や、その日の最終便に乗る予定の場合は、十分余裕を持って利用するようにしてください

LCCは航空券がお安いのですが、時間が遅れることもあるので、心配な人は早い時間帯の方が良いと思います。

4.香港空港の外に出ない、出入国審査をしない

香港空港到着後に、制限区域外に出てしまうと、スカイピアを利用することが出来ません。

ですのでうっかり・・・香港国際空港に到着したら、入境審査(イミグレーション)をしないようにしましょう!

内地/澳門快船

Mainland/Macau Ferries

こちらの目印がポイントです!

具体的な乗り継ぎの方法は下記に記載します!

⇒香港空港フェリーの乗り継ぎでマカオへ楽に行く方法!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - パワースポット