天照大御神は実在したの?日本の神話が凄い!【古事記】

   

天照大御神

出展:barbarossa.red

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

天照大御神の尊さを表す日本神話とは?

天照大御神(あまてらすおおみかみ)の生みの親は伊邪那岐大神(いざなきの・おおかみ)です。

伊邪那岐神は、『古事記』と『日本書紀』との総称「記紀(きき)神話」の最初の主人公なんです!

妻・伊邪那岐美神(おざなきみのかみ)と共に国の原型になる島々と、自然・文化の神々を生みました。
伊邪那岐神は火の神を生む際に命を落とした妻を追いかけ黄泉国を訪問するが、妻のおろそしい顔を見て
黄泉国から逃げ出すのです。

黄泉国の醜女臭われながらも無事脱出した伊邪那岐神は付着した汚れを落とすために海げで禊をするのです。

その際に、多くの神々とともに、左目から天照大御神、右目から月読命(つきよみのみこと)鼻から須佐之男命(すさのおのみこと)を生んだようです。 

この3神を「三貴子」(みはしらのうずのみこ)呼ばれています。
伊邪那岐神は三貴子の誕生を何よりも喜んだそうです。

天照大御神には太陽の神として天の神々の世界・高天原を
月読命には月の神として夜の世界を
須佐之男命には海の神として海原を
統治するように命じたそうです。

天照大御神の尊さを示す「天岩屋戸」「三種の神器」とは?

しかし須佐之男命だけは言うことを聞かなかったようです、母・伊邪那岐美神の元へ行きたいと駄々をこねたと言われています。

父の伊邪那岐神に亡き母の国へ行くことを許された須佐之男命は、姉の天照大御神のもとへ、いとまごいに出かけるのです。

天照大御神は弟が高天原を奪いに来たのではないかと疑ったようです。

出展:http://ameblo.jp/

出展:http://ameblo.jp/

▲天照大御神と須佐之男命(松本楓湖筆・広島県立美術館蔵)

須佐之男命には姉が思うような意図はなかったものの、その後天照大御の稲田を荒らしたり、神聖な御殿に汚物を撒き散らしたり、乙姫が神衣(かんみそ)を織る機屋に革を剥いだ馬を投げ入れ、乙女を死に追いやったりしたのです。
天照大御神は大いに怒り悲しみ、ついに天岩屋戸(あまいわやと)に隠れ篭ってしまうのです。
高天原も地上の国も暗闇になり、様々な災いが続いたようです。

秩序は乱れて平穏な世界は成り立たなくなってしまったのです。

困り果てた八百万の神々は岩屋の戸の前に大きな榊を立てて鏡をかけ、玉を飾り、紙垂(しで)祓いや神域の証のための紙片をつけたようです。

この時のはのちに三種の神器となったのです。

スポンサーリンク

天孫降臨とは?

そして岩屋の戸の前で篝火(かがりび)を焚き、布刀玉命(ふとたまのみこと)が御幣(神事の用具)を持ち、天児屋根命(あめのこやねの・みこと)が祝詞をあげ、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が裸で踊ったうのです。

2012.07.26-023

▲天照大御神 伊藤龍涯(いとうりゅうがい)
所属・画像提供・神宮微古館

すると神々から大きな笑い声が起こったと言われています。
天照大御神は神々の笑い声に不思議に思い、岩屋の戸を少しだけ開けたのです。
すると鏡に自分の姿が映ったため、身を乗り出したようです。

そのとき、岩屋の脇に隠れていた、天手力男命(あめのたぢからのおおかみ)が天照大御神の手をとって外へ連れ出したのです。

布刀玉命が岩屋戸に注連縄(しめなわ)を貼り「岩屋戸に帰らないで欲しい」と懇願したのであります。
天照大御神が岩屋戸から出ると世界は明るくなり、元の秩序ある平穏な日々が戻ってきたのであったのです。

一方の須佐之男命は高天原から追放され、地上の出雲国に天下ったようです。
そこで八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、助けた娘と結婚するのです。
倒した八岐大蛇の尾から出てきた霊剣を、天照大御神に献上したのです。

これがのちの草薙剣(くさなぎのつるぎ)三種の神器の一つなんです

須佐之男命は結婚後に沢山の子をもうけたようです。
その中のひとりの大国主神(おおくにぬしのかみ)はさまざまな試練を経て成長し、地上の国をつくり固めたのです。

大国主神が地上の国を完成させたとき、天照大御神は「地上の国は本来天の神が治めるべきである」といい、高天原から建御雷神(たけのみかづちのかみ)などを遣わせて、大国主神とその息子たちと交渉を行った(国譲り)

交渉の結果、地上の国に、天照大御神の孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)が天下ることになりました。
これを「天孫降臨」と言います。

天孫降臨

出展:blogs.yahoo.

▲「天孫降臨」
天照大御神の孫・邇邇芸命が稲穂と三種の神器を手に高天原から地上に下る場面です。
この途中で、」邇邇芸命に道案内したのが猿田彦命である。
所属・画像提供・神宮微古館

天照大御神は邇邇芸命に「稲穂」「三種の神器」を授け、地上の国の永遠の発展を祝ったのです。

天照大御神

出展:barbarossa.red

▲所属・画像提供・神宮微古館

天照大御神が子孫の邇邇芸命に高天原の稲穂を授ける場面が描かれています。
この後に、邇邇芸命は地上に降りて国を統治することになるのです。
日本書紀の神話に語られています。

有名な天壌無窮の神勅を受け、天孫である邇邇芸命(ににぎのみこと)は、三種の神器を携えて降臨し、日本の王となりました。

この邇邇芸命に日本の王権を与えた神こそが、皇祖神天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。

アマテラスは、皇祖神であり、伊勢の内宮に鎮座する太陽神であると言われてきました。

皇祖神たる天照大御神に限っては、たとえ皇后陛下・皇太子殿下といえども天皇陛下の許可なしに幣帛を捧げることが許されないのです。

天孫降臨神話高千穂(古事記より)

<神々の誕生~国生み神話

 天地がはじめてできて以来,神々が現れ,現れては姿を消し,
最後に現れたのが伊邪那岐命・伊邪那美命の男女2神でした。

 伊邪那岐命・伊邪那美命は天地の間にかかる「天の浮橋」に立ち,
「天つ神」から授かった「天の沼矛(ぬぼこ)」で
混沌とした海をかき混ぜ,引き上げました。

 この時したたり落ちた潮水から「おのころ島」ができ,
ここで伊邪那岐命・伊邪那美命は「天の御柱」の周りを回って
夫婦の契りを結び,大八島や神々を生みました。

 伊邪那美命は最後に火の神を生んで亡くなり,
「黄泉(よみ)の国」へと旅立ちます。

 伊邪那美命を追って黄泉の国に行った伊邪那岐命は,
すっかり変わり果てた伊邪那美命の姿に驚き逃げ帰り,
筑紫の日向の阿波岐原で禊(みそぎ)をしました。
 この時,左目を洗うと天照大御神

右目を洗うと月読命(つくよみのみこと),
鼻を洗うと素盞嗚尊(すさのおのみこと)が生まれました。
 伊邪那岐命は,天照大御神に高天原を,月読命には夜の国を,
素盞嗚尊には海原を治めるように命じました。
 
 <天岩戸伝説>
 素盞嗚尊は海原へ行こうとせず,母の国に行きたいというので,
伊邪那岐命はたいそう怒って素盞嗚尊を追放してしまいましたが,
素盞嗚尊は高天原に乱入し乱暴をはたらき,
天照大御神を多々困らせるようになりました。

 そのため,天照大御神は怒って天岩戸の中に閉じこもってしまいました。 太陽の神がいなくなった世界は闇に閉ざされ,災いも多くなり,
困った八百万の神々は天安河原(あめのやすかわら)に集まり秘策を練りました。

 それは,鈿女命(うずめのみこと)が岩屋の前で桶の上に乗り,
おがたまの木」の葉を振りながら面白おかしく踊りまわるというもので, この騒ぎを不思議に思った天照大御神は岩屋の戸をわずかに開きます。
 そこですかさず手力雄命(たぢからおのみこと)が岩屋の戸を押し開き,
女神を外へ招きだし,ようやく天地に光が戻ることになりました。
 
 <天上界から地上界へ>

 天照大御神から地上界の混乱を治めるため,
降臨を命じられた邇邇芸命(ににぎのみこと)は,
高千穂の「くしふる峰」に降り立ったのでした。

 邇邇芸命は,『この地は韓国(からくに)に相対しており,
笠沙の御崎(笠沙岬)に繋がっており,
朝日がまっすぐ射す国,夕陽の明るく照る国である。

 だからここはとても素晴らしい所だ。』と言って,
驚くほど太い柱の壮大な宮殿を建てて住まわれたのです。
 

三重県の二見輿玉神社の岩屋戸の夏至のお祭り

 
出展:www.kotohogi-gift

出展:www.kotohogi-gif

 

この「天岩戸」あまのいわと、は京都・沖縄・四国色々なところにあるといわれています。ただ天照大御神をお祭りしているのは、伊勢神宮であり、その同じ三重県の二見輿玉神社の岩屋戸の夏至のお祭りは有名です。

アマノウズメは、現在芸能の神様と言われていますが、岩屋の前で踊った踊りとは、うつぶせにした槽の上に乗り、背をそり胸乳をあらわにし、裳の紐を股に押したれて、低く腰を落して足を踏みとどろかし力強くエロティックな動作で踊った・・・・との言い伝えがあります。

現在、たくさんの神楽のなかでこの神話と関係が深いのが、宮中鎮魂祭で、そのほか、大嘗祭(新天皇即位後最初の新嘗祭、にいなめさい)があり、これは秘儀でもあって、私達一般の国民には一切知らされていません。

その内容は神話に基づいているとのことです。天皇家の決まり事がこの神話の時代にさかのぼるという事に興味を感じますが、ベールに覆われ、知るすべもありません。

でも、そういう明らかにされない事がある、それも、素晴らしい事だと感じます。

ここまでお読み頂きありがとうございます!
コチラは関連記事です!

⇒アマテラス(天照大御神)は天皇の祖先なの?タカミムスビ(高御産巣日神)である説の真相とは?

⇒アマテラス(天照大御神)の性別はいつから女性になったのか?【古事記】

スポンサーリンク

 - スピリチュアル