ベストな神棚・お供えの配置でお家を聖地にする理由とは?

   

出展:http://item.rakuten.co.jp/

出展:http://item.rakuten.co.jp/

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

先ずは・・・何故神棚を飾るのか?理由を知ることで、ベストな神棚 お供えの配置にする意味を見出すことが出来ます!

ただやらされているだけでは、勿体無いのでぜひとも確認してみてください!

戦前は日本の家や公共機関、学校には必ず神棚があった!

昭和20年12月15日。

8月15日の終戦からわずか4ヶ月後に、GHQ(連合国軍総司令部)が日本政府に宛てた覚書、いわゆる「神道指令」のなかに、公的な機関の神棚の設置の禁止、神棚の撤去が明記されています。

<中略>
「役所、学問、機関、協会など、公的な機関には神棚を設置してはいけない、設置してある神棚は除去すること」というGHQの「命令」が下されたのようです。

ここには深い意味があります・・・後ほどブログに載せていきたいです。

敗戦してから日本人は魂を抜かれたような政策をされています。

神棚を祀るとは?宗教とは違う!

「神棚を祀る」とは、特定の宗教を信仰するということではありません。

この感覚は日本人の独特な感性・・・長い間DNAで消えることがありません。

お正月には、多くの人が神社へ初詣に行きますよね?

食事の前には「いただきます」と手を合わせて食べます。

幼い頃は「悪いことをするとばちが当たるよ」と怒られましたよね?

これって誰に向かっての行動なんでしょうか?

目に見えない神さまに抱かれた感覚です。

「神様はいる、天は見ている」・・・その感覚は、私たちの心のなかに根付いていることです。
神様を祀るというのは、そのような感覚です。

日本人は山の神さま、海の神様、と自然にも神さまの存在を見出します。
この感覚は一神教の神が多い、海外では特殊だと言われています。

スポンサーリンク

何故?神棚をつくるのか?お家の聖地である!

神棚は必ず日本のお家には飾られていました。
最近は無いお家も多いかと思います。

パッシーもありませんでしたが、ある理由でつくることになりました。

神棚とは「神とつながる磁場をつくる」のです。

神社の中継地点となって、天照大神様や氏神様、崇敬神社御札を飾ることで、神さまの高い波動が
お家に流れてくるのです。

そうすることで、宇宙からのメッセージを受け取りやすくなり、より幸運情報に修正されていきます。

お家に社(やしろ)をつくるような感覚です。

「倒産した企業の85%が、会社に神棚を祀っていなかった」と言われるくらい・・・

「銀行の融資担当者の多くが、融資するかどうかを決めるポイントの一つに、会社に神棚があるかどうかを挙げている」驚きの情報もあります!

この会社に融資できるかをシビアに見ている銀行の担当者が、会社に神棚があるだけで・・・
融資を前向きに考えるとしたら、どうでしょう???

3次元的な理由として、

神棚があることで、神様(見えない存在)に毎日手を合わせるということが習慣化されれば、色々なことが変化し、良き習慣ができ、それが結果的に会社の業績アップに繋がると言う事。

でもそれよりも多次元的に考えると・・・

宇宙エネルギーを降ろす為に神棚という磁場をつくるということが、重要な理由です!

言葉で言うのは、なかなかむずかしいのですが、頭で考えずに、先ずはつくってみることがとても大切なんです。

人間は考える・・・神さまは感じる・・・

落とし込みたい人はコチラの本を読むと・・・3次元的なこともシッカリ書いてあり、神棚をつくる理由を明確にできますのでオススメします!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ儲かる会社には神棚があるのか [ 窪寺伸浩 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/10/18時点)

 

ベストな神棚の配置と場所とは?

「神様」は清らかで神聖な存在です。ですから「お祀り(おまつり)」する場所は、下記のような場所を選んで設置するようにすると良いと言われています!

  • 家の中でできるだけ明るく、きれいな場所。

  • 人の目線よりも高い場所。

  • 一軒家の場合は、最上階の天井に近い場所。

  • 神棚の向きは、南向きか東向きに設置するのが良い。

出展:http://www.isemiya.com/

出展:http://www.isemiya.com/

 

  • 御手洗い(トイレ)と背中合わせになる場所は避ける。

  • 人の出入りが多い扉・ドアの上は避けましょう。

  • 設置する同じ部屋に仏壇がある場合、神棚と仏壇を向かい合わせにしてはしない。

  • できるだけ家人が集う明るい場所、居間・リビングルームなどの鴨居よりも高い場所に、南または東向きに設置する。

  • マンションのように、自宅より上にも居住スペースがある場合(神様より上に人がいる場合)は、「雲」という文字を神棚の上に設置する。
出展:http://www.isogaya.co.jp/

出展:http://www.isogaya.co.jp/

御札の設置について

三社宮は中心の扉の内に神宮大麻(じんぐうたいま)、向かって右に氏神の神札、左に祟敬神社の神札をお祀りします。

一社宮を用いる場合は、手前から神宮大麻、氏神、祟敬神社という順番に重ねてお祀りします。

初めて神棚をまつる場合は、氏神さまの神社に依頼して神棚のお清めと今後の末永いご加護を祈願するために、神棚祓をしていただくと、より丁寧な祀り方となるでしょう。

出展:http://www.isemiya.com/

出展:http://www.isemiya.com/

出展:http://www.isemiya.com/

出展:http://www.isemiya.com/

神具の設置について

出展:http://www.konagai.co.jp/

出展:http://www.konagai.co.jp/

これだけの神具がありますが・・最初から一式揃わなくてもパッシーは・・・
正直個人的には良いと思います。

先ずはお水と火が重要なんです。

火水で「かみ」です。水と火で神さまを呼べるのです。

榊は左右にあると、清々しい空気が流れるので、置けると良いと思いますよ!
1日と15日には榊を入れ替えるようにしましょう。

灯籠の内側に榊立てを置きます。1日と15日には榊を入れ替えるようにしたいですね!

出展:http://next.spotlight-media.jp/

出展:http://next.spotlight-media.jp/

お水は毎日取り替えてあげると、イキイキを長持ちします!

しめ縄の設置について

しめ縄の意味は、その場所が神聖であることを示します。
立派な神棚には必ずありますね~しめ縄は年末に交換する習慣があります。

出展:http://next.spotlight-media.jp/

出展:http://next.spotlight-media.jp/

新しいしめ縄は、神社や神具店、ネットなどで購入できますよ!

しめ縄の種類には、太さが一定のしめ縄「大根じめ」と、だんだんと細くなって行くしめ縄「ごぼうじめ」があります。

後者の方が一般的なんだそうです!

両端の太さが異なるしめ縄は、神棚に向かって右側を太く、左側を細くして取り付けるのが一般的です。

神棚のしめ縄は、神殿の屋根の前に飾ったり、神棚の上部に取り付けられている雲板に飾ったり様々です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【しめ縄】神棚用 しめ縄2尺(しめ縄)
価格:1944円(税込、送料別) (2016/10/18時点)

 

神棚のすす払いをし掃除などを行った後に新しいしめ縄をつけましょう。

古いしめ縄はお札と一緒に納めましょう。12月29日と31日は交換するのを避けましょう。

お供えの仕方は?

出展:http://hoshinonayuta.net/

出展:http://hoshinonayuta.net/

①米 ②水 ③塩 ④お酒

◆水は水玉・水器(みずたま・すいき)器に入れます。

◆米と、塩は、平瓮・土器(ひらか・かわらけ)

◆お酒は瓶子(へいじ)と呼ばれる器で左右一対に設置するそうです!

 

コチラが見本です!水が右で塩が左と覚えてしまえば、後は簡単です!
お米は一番奥になりますからね!

お酒の位置は水塩とお米の中間に左右で置きます!

出展:http://next.spotlight-media.jp/

出展:http://next.spotlight-media.jp/

お供えしたものの処分の仕方とは?

毎日取り換えるお供え物の処分の仕方も気になるところですが、
神様にお供えした物は、次の通りに致します。

【米】普通のお米と一緒に炊いて、ご飯として食べる。

【水】玄関先や庭にまく。流しには流さない。

【塩】水と同じ。料理に使うのも可。

【酒】お神酒として頂く。飲めない場合は水と同じ。

神様にお供えしたものをお下げした後に食べることは、神様の力を体の中に取り込むという意味がありますので、頂けるものは基本的には頂くことが良いようです。

しかし・・・中には環境の場で悪いものを吸収してくれていることもあるので、
直感で、身体に入れるかどうかは決められてください。

もしも捨てるときには、感謝の気持ちで処分すれば大丈夫だと思います。

神様へのお参りの作法

神様へは毎日、朝夕2回お参りします。

お参りするときの作法は、二拝二拍手一拝です。

毎日心を込めて、お祈りしましょう。

最初は全て完ぺきにできなくても良いと感じます!
一番大切なのは、神さまに感謝し祈る心だと思うのです。

清々しい気持ちになるので波動が上がります!そして運気もアップするのですよ!
その原理の記事がコチラです!

⇒高波動の人は意図を現実化出来る理由とは?波動アップは永遠の幸福がやってくる!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - スピリチュアル