イヤシロチとは?作り方と効果!パワースポットは自分でつくれる!イヤシロチ化のすすめ!

      2017/08/17

出展:http://www.j-wave.co.jp/

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

あなたが何故か”心が癒される場所”はありませんか?全身が軽くなりやる気が出てきたり!運が良くなったりと

あるいは、この場所はどうも苦手だ・早く帰りたい・・・

このように、土地・空間であっても、「良い土地」と「悪い土地」があると言われているのです。

この10年くらいから”パワースポットブーム”で沢山の場所が紹介されていますが、訪問した時には元気をもらったのに、また時間が経つと元の状態に戻っていまう・・

人間は環境の動物ですので”出会う人”にも影響されますが、人と同じくらい場所が重要です。

そして特に”住居環境”は重要だと言われています。

今回は”イヤシロチ”についてや、作り方や効果をマスターして住居をマイパワースポットにしましょう!

スポンサーリンク

イヤシロチとは?(ケガレチとイヤシロチ)

イヤシロチの語源と意味

土地には気分のいい場所、何となく気分のすぐれないところなど、いわゆる「良い土地・悪い土地」があると言われています。

とくに都会は、環境を整えるのがむずかしいと言われています。

よい土地のことを「イヤシロチ(弥盛地)」悪い土地を「ケガレチ(気枯地)」と呼びます。

これらは読みから「癒し」や「穢れ」を想起される場合が多いのですが、言葉の意味合いとしては、イヤシロチは「生命力が盛んになる地」であり、ケガレチは「気が枯れた土地」となります。

語源は、古代日本人(カタカムナ人)と言われています。

カタカムナの人たちは、地球表層における地形の凹凸部位が、重深的に重なった形で配列していることに気が付き、地形の凹凸、つまり、地形の高低を”タカミ(高身)”と”ヒクミ(低身)”といい、次のようなサトリを示しています。

ヨモ(四方)のタカミ(隆身)を結ぶトコロは、イヤシロチにてミソギに良し。

ヨモ(四方)のヒクミをを結ぶトコロは、ケカレチにて、ミソギに不良はず。

この言葉から、「イヤシロチ」や「ケガレチ」は、「既にある特定の場所」を差していることが分かります。

イヤシロチに気がついた人が偉大!

これが現代によみがえった一つのきっかけに、土地に良い土地、悪い土地があることに気がついたのは、『静電三法』で有名な天才工学者 楢崎皐月(ならつき・さつき)(明治32年~昭和49年)の発見があります。

イヤシロチ

出展:http://www.narasaki-inst.com/narasaki.htm

楢崎皐月博士は、その類稀に見る才能で様々な発明をし、若くして産業界や軍部の一部にその開発能力を高く評価され重用されていたようです。

20代で特殊絶縁油を発明し事業化に成功し。現在でもその技術は使われていて、電信柱の上にある変圧器に使われるものです。
また、驚くことに・・・”人造石油”を発明し、軍がその技術を採用されていたようです!

楢崎皐月博士はいくつかの異なる場所で小規模の溶鉱炉を使い、実験的に鉄を製造していたところ、材料も技術も全く同じ条件であるにも関わらず、生産する場所によって鉄の出来上がりに著しい差があることを発見されています。

ある場所の製品はいつも”優秀品”であるが、ある場所のものはいつも不揃いで”不良品”が多く出たのです。

いくら検討しても同じ条件の資材と方法でしたので、ずっと不思議に思っていたところ・・”その土地に原因”があるのではないかと考えました。

土地にも「良し・悪し」があるのであれば、それは科学的に測定したい!電気工学者でもあった楢崎博士は当然、電気的に測定できないか?考えたのです。

そして、統計的手法で、日本全国の土地一万二千ヶ所以上を任意に抽出して、実地調査をしたから凄いです!!
調査した土地の平均面積は、一ヶ所当り1アールでした。

楢崎皐月博士が、土地の測定をして全国をまわっているときに、「カタカムナ文書」という古文書に出会います。

そこには独特の文字が書かれており、楢崎はそれを解読することによって、この古文書が”古代の自然科学の実用書”であることを突き止めたとされています。

イヤシロチやケガレチといった言葉もこのカタカムナ文書から取ったのだそうです。

検査方法の詳細は楢崎皐月著「静電三法」にあります。

電気的な測定によると、イヤシロチとケガレチは以下のように分けられます。

イヤシロチ(弥盛地)

植物生育の優勢地で人間の健康地でもあり、物質の耐久性を付与する地帯です。電気的には、還元電圧地帯です。

ケガレチ(気枯地)

植物生育の劣性地帯で、人間には不健康な土地で、ものが腐りやすく壊れやすい地帯です。

日本全国の土地一万二千ヶ所以上の土地の検査の結果、 “ケガレチ=劣性生育地帯”は、約30%、 “標準生育地帯”は約55%。 “イヤシロチ=優勢生育地帯”は約15%と非常に少ないということが分かりました。

パッシーは還元電子が多いところがパワースポットであると聞いていたので、興味深いデータでした!

優勢生育地帯

大地表層は全て還元電圧を示し、大地電流は全て上から下へ流れ、流れる電流も多い。

劣性生育地帯

大地表層はほとんど全てが酸化電圧を示し、大地電流は全て下から上へ流れる。

普通(標準)生育地帯

大地表層に酸化電圧と還元電圧が混在し、電流方向も上から下の部分と、下から上の部分へと流れる部分が混在している。

「山本健康堂」さんの記事をお借りしております。ありがとうございます!出展:http://yamamotokenkodo.com/iiyasiro.htm

こちらの記事に「還元電位」について記載してあります!

⇒結界とは磁場調整である!効果のあるやり方とは?

自分の住んでいる場所は?イヤシロチ?

イヤシロチか?ケガレチか?見極める簡単な方法!

楢崎皐月博士は物理学者ですので、土地の測定に地電流を測るという手法を使っていましたが、簡単にイヤシロチを見つける方法も、「カタカムナ文書」という古文書が元にされていると思われます!ご紹介致します!

※この方法は、地図とペンさえあれば簡単にできるパワースポットの見つけ方ですが、都市部では山や谷などはほとんど無くなってしまっているので、線を引くのが難しいかもしれません。しかしながら、実践してみることで、近くにある小さい神社などが思わぬパワースポットであることがわかるかもしれませんので、お時間がある方はぜひ試してみて下さい。

用意するのは等高線が書いてある地図(等高線にプルダウンしてみてください)

⇒Googleマップを使って国土地理院の地図を見る

赤鉛筆黒鉛筆

①「タカミ」と呼ばれる点と「ヒクミ」と呼ばれる点を探します。「タカミ=山のような高さのある地形」と「ヒクミ=谷のようなくぼんだ地形」となりますので、タカミには赤い点を、ヒクミには黒い点をポイントしましょう。

②ある程度ポイントできたら、次にタカミとタカミ、ヒクミとヒクミをそれぞれ線で結んでいきます。地図に実際に線を引いていくと分かりやすいでしょう。

③地図上には、赤黒の二色に分けられた多くの線が引かれたと思いますが、チェックするのは、それぞれの線の交点です。

④赤いタカミとタカミの線が交差したところにあるのが「イヤシロチ」。黒いヒクミとヒクミの線が交差したところにあるのが「ケガレチ」となります。

引っ越しも家を建てるのも、どちらも人生の重要なポイントとなりますので、住んでから後悔することのないように・・・

スポンサーリンク

イヤシロチの作り方!お家をパワースポットに出来る!

イヤシロチ化が必要な現代の現状!

近年は場の調整が必要なところが増えています・・・特に都心部は山や谷などはほとんど無くなってしまっているので、昔はイヤシロチだったけれどケガレチになってしまった場所もあると聞いております。

そして住居環境が狭い土地に無理に建て込んでいるので、非常に場が悪いところもあると思われます。

楢崎皐月博士のかなり前のデータでは、ケガレチは約30%、 標準生育地帯は約55%、イヤシロチは約15%となっていますが・・

現代は元々のイヤシロチ・・・パワースポットと呼ばれる場所は10%あれば良いと思います。

逆にケガレチは・・・40%ちかくに場所によって増えていると思うのです。

ただし、今は人工的なイヤシロチ”イヤシロチ化”している場所が増えていると考えています!

究極のイヤシロチ化する炭素埋蔵法とは?

楢崎皐月博士は、『イヤシロチ』を作る為には「ケガレチ」に穴を掘り、木炭を埋設すると、還元地化できることを発見しています!

楢崎博士は木炭のような炭素質を埋することで”電子”を与えることになり、地表の電子密度が高まることで還元力を増し、生命の活性化を促進するのです。

大地電圧の高い『イヤシロチ』は還元電圧の土地となり、この地磁場が整った土地では健康的で長生きできる環境が整い、農作物や畜産物が立派に成育し、味が良くなったり、鮮度も長持ちすることや収穫量も増えるのです。

逆にケガレチはプラス電子が多く、酸化が促進されるので、腐った臭いがしたり水が澱んでいたりと農作物が育ちませんし病気になりやすいのです。

精神的な病気になる人も残念ながら多いのです。

「炭素質を埋設する方法」は場のイヤシロチ化、ケガレチの改善に有効なのですが、その方法としてまず大地に穴を掘って損傷電位を作り、これを安定化させるために、この穴に誘電質の木炭や活性炭などの炭素質を埋める方法が、いわゆる「炭素埋設法」で、イヤシロチ化の為の最も知られた技術のようです。

炭素質の物質は、陰電気を帯びやすく、周りの地磁場を高める働きがあります。

イヤシロチ化 炭素埋没法

出展:http://www.narasaki-inst.com/voice9_2.htm

電子の付与によって土地の電磁場を高めることになる訳ですが、その土地に欠けている電子エネルギーを多く集めることがイヤシロチを作る事になり、炭素埋設法の基本原理になるそうです。

電子を集める物として炭素が用いられ、現在もイヤシロチ化のために炭素埋設法をされている方もいらっしゃいますが、炭素は電子を集めるのではなく、吸着させ放出するので、だんだんと炭素が酸化し吸着する力が衰えてきます。

ですから・・・埋めてしまうと効果が長いとは言え、永久的なものではないとおっしゃる方も居ます。

そして家を建てるときに基礎工事と一緒にしなければならないため、タイミングも限られ、お金もかかるので、ハードルも高いのです。

近年では、半永久的に電子を集める特徴のあるセラミックの開発によって、結界用や局所的使用、通常使用に到るまで、様々なシーンで「イヤシロチ化」が進んでいます。

パッシーも実際にお世話になっている製品もあります!(後ほとこちらについてもお話してきます・・・)

先ずは実際に手軽に♪お部屋に炭の中でも”備長炭”を置くと効果があるのでお試しください!

こちらの記事を参考にされてください。

⇒備長炭の効果とは?風水インテリアで運気アップ!場の浄化が凄い!

⇒結界とは磁場調整である!効果のあるやり方とは?

⇒掃除はやっぱり運が良くなる!理由が凄かった!生活環境を整えることの意味とは?

ここまでお読み頂きありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - スピリチュアル, パワースポット, 暮らし・生活