【パワースポット】伊勢神宮・外宮のご利益がある日帰り満喫コース①

   

images

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

伊勢神宮とは?

日本神界のトップが鎮座されている場所をご存知ですか?
このメルマガを読まれている方はほとんどお分かりだと思います。

もちろん、伊勢神宮ですね!

今回、日本最高の聖地である伊勢神宮の外宮・内宮の神楽殿でそれぞれ祈祷をし、それぞれの最奧の聖域を参拝する御垣内参拝をパッシーはすることになりました!

伊勢神宮の御由緒や御神徳のお話、エネルギーワークも行ってもらったのです!

伊勢神宮内宮に祭られている天照大御神は日本の国体を司る神様であり、日本神界トップの方です。

ちょっと信じれないと思いますが・・・

御垣内参拝をすれば、天照大御神から「通行手形」のようなものをいただけます。

こちらがあれば、日本中のどの神社に行っても、神様から一目置いてもらえるんですね。
それだけ神社参拝での御利益が上がるのです!

さらに・・・

世界最高の聖地の一つで多賀宮には北極星のコアのエネルギーが眠っていると言います。

今回は、吉伊勢神宮崇敬会の会員証を持った方と同行していくので
御垣内参拝の際は、最奧である内玉垣南御門で礼拝できました!

▲  外宮御垣内平面図    

▲  外宮御垣内平面図

滅多に入りれない聖域なんですね!

⇒伊勢神宮の御垣内参拝(正式参拝)の初穂料とは?2つの申し込み方法を調査!

礼拝している最中にはエネルギーワークで、天照大御神様との霊線と繋がれたので
日本最高の聖域でするエネルギーワークはすごい効果がありますよ・・

⇒【パワースポット】伊勢神宮・内宮のご利益がある日帰り満喫コース②

そんなツアーがこちらです。

実践してみてなかなか良かった伊勢神宮日帰り満喫コースをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

外宮(げくう)とは?

食と産業をつかさどる暮らしの神様です。正式な名称は、『豊受大神宮』(とようけ・だいじんぐう)と呼ばれます。

内宮に天照大御神様が鎮座されてから、481年後に、外宮に鎮座されました。

天照大御神様(あめてらすの・おおみかみ)からのお告げによって、丹波の国からお迎えした豊受大御神様を、お祀りしているのが外宮です。

豊受大御神様は、天照大御神様のお食事を司る神様で、衣食住すべてにわたる産業の守り神なので、
私たちの暮らしにも非常に関わり深い神様です。

豊受大御神さまは、天照大御神様から神々の食事係として、丹波国から呼び寄せられた「食」の神様としての役割が大きく、外宮では1年365日、朝夕2回、古式に則って神饌(しんせん)を献上する「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」が行われているのです。

市街地にも広がる89万ヘクタールもの宮域の森に、正宮のほか別宮3社、摂社・末社・所管社10社が静かに佇んでいるのです。

神宮で、1年間に行われるお祭りで供物として使用するお米は、五十鈴川(いすずがわ)の水を使って育てられています。

3万平方メートルにも及ぶ水田で、古来から伝わる稲作が行われているのです。

外宮は内宮に比べると、参拝客が少ないので広大な自然の中を、のんびりと散策することができます。

まだ、外宮を訪れたことがない方、ぜひ次は外宮も参拝してみてください!

外宮参拝モデルルート

外宮

出展:http://tabi-suki.jp/

外宮をお参りするときは、左側通行が基本になります。

電車で行かれる人は、JR・近鉄伊勢市駅から歩いて5分くらいです。

外宮の参拝は、表参道火除橋(ひよけばし)からはじまります。

表参道火除橋

出展:http://tabi-suki.jp/

外宮の参道の入り口にあたるところに架かっている小橋です。

表参道火除橋の下には防火用に掘られた川が流れています。

左手にある手水舎(てみずしゃ)で手と口を洗って、清めてから参拝してください。

清盛楠と言って、かつてこのクスノキの枝が平清盛の冠に触れたため枝を切られた、という逸話が残されています。

手水舎

出展:http://tabi-suki.jp/

参拝前に手と口をすすいで、心身を清めましょう。

一の鳥居もあるので、ここでも一礼をしましょう

こちらに正式の参拝方法を載せています!

⇒氏神様の調べ方!氏神様とは?お参り方法で神様にご挨拶しよう!

亀石があり御池に架かる大きな石の橋で、亀に似ている表参道火除橋から5分ぐらい歩くと、御正宮(ごしょうぐう)につきます。

出展:http://tabi-suki.jp/

出展:http://tabi-suki.jp/

多賀宮(たかのみや)

外宮の別宮の中でも、最も各が高いのがこちらです。

正宮(しょうぐう)についで重要なお宮です!

約100段の石段を上った先にあるお宮には祭神は正宮と一緒である豊受大御神でありますが、荒御魂(あらみたま)をお祀りしています。

新しいことに挑戦するときに強い味方なんですね!

正宮に続いてお参りしましょう。

出展:http://tabi-suki.jp/

出展:http://tabi-suki.jp/

土宮(つちのみや)

外宮一帯の土地の守り神である大土乃御祖神(おおつちの・みおやのかみ)をお祀りしています。

2015年に1月遷御(せんぎょ)の土宮は、外宮がご鎮座する以前からこの土地におられ、宮域内ではもっとも古老の神様です。

出展:http://tabi-suki.jp/

出展:http://tabi-suki.jp/

風宮(かぜのみや)

風の神様、級長津彦命(しなつひこのみこと)級長戸辺命(しなとべのみこと)をお祀りしています。

出展:http://tabi-suki.jp/

出展:http://tabi-suki.jp/

せんぐう館

「式年遷宮」を記念して建てられた博物館です。「式年遷宮」はもちろん「神道」について、展示物などで分かりやすく解説されています。

出展:http://tabi-suki.jp/

出展:http://tabi-suki.jp/

内宮行きのバス停は外宮を出て道を渡って右側にあります!
観光シーズンはバス待ちの人で溢れかえることもあるようですよ!

宮と内宮のアクセスは?

広大な伊勢神宮をスムーズに参拝するために、アクセスと所要時間をチェックしておきましょう。

外宮へのアクセス
JR参宮線または近鉄山田線 伊勢市駅より徒歩5分
(名古屋駅から約1時間30分、難波駅から約1時間55分)

お車なら、伊勢自動車道 伊勢西インターより約5分。

外宮~内宮間は約5.5Kmあります。移動には、本数が多い路線バスが便利です。外宮から内宮へはバスで約15分。

内宮へのアクセス
近鉄山田線 宇治山田駅よりバスで15分

お車なら、伊勢自動車道 伊勢インターまたは伊勢西インターより約5分。

外宮、内宮とも、広大な敷地内のほとんどは玉砂利敷きです。歩きやすくて疲れにくい靴で参拝されることをおススメします。

20年ぶりの式年遷宮で、新しくなった神殿を見にあなたも「お伊勢さん」にお参りしてみませんか?

伊勢神宮の外宮の御神徳とは?

(外宮)

外宮におられる豊受大神様は、内宮におられる天照大御神の供物を管理する衣食住の神様です。

したがって、現実的なこと、自分のことなど、個人的な願いを叶えるご神徳がございます。

参拝することで起こる効果の一部をあげますと・・・

1、個人的な願いが具体的になり、物質化するようになる。

2、第1、2チャクラが活性化して、現実の物事を前に進める力が出てくる。

3、余分なカルマ・感情・観念がクリアリングされる。
  (内宮に穢れを持って行かないため、クリアリングの効果があります)

さらにコチラの記事で、パッシーが実際に行き、効果を体感した参拝方法を詳細をご紹介しています!
写真も沢山の載せているので是非御覧ください♪

⇒【外宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

ここまでお読み頂きありがとうございます!

コチラが伊勢神宮の関連記事です!

⇒【パワースポット】伊勢神宮・内宮のご利益がある日帰り満喫コース②

⇒【内宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

⇒【外宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

スポンサーリンク

 - スピリチュアル, パワースポット