【内宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

   

出展:http://neroloop.boo.jp/

出展:http://neroloop.boo.jp/

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

古くから内宮と外宮の遷宮を終えた翌年から、おかげ年が始まり最後の別宮まで、すべての遷御の儀が執り行われた日からの1年間をもって幕を引くとされます。

この期間中に参拝すると伊勢神宮の神々から特別な恩恵を受けるとされています。

史実においても江戸の昔から多くの参拝者が訪れたそうです。

2013年に伊勢神宮で厳かに行われた、20年に一度の式年遷宮。
2015年3月には、外宮別宮の風宮の遷御も無事に終わりました。

日本人の心のふるさとと称される伊勢神宮だけあり、今もなお全国から多くの方が参拝に訪れ、土日にもなると内宮も外宮も賑わっています。

【伊勢神宮】 SOUL of JAPAN ISE-JINGU

伊勢神宮参拝方法

伊勢神宮の参拝は「外宮から内宮へ」という古くからの慣わしがあり、一般的に正しい回り方とされています。

参拝だけでなく、伊勢神宮のさまざまな祭事(行事)も外宮から内宮の順で行われています。
天皇陛下をはじめ、皇族の皆さんも外宮から内宮へ参拝をされます。

近年は内宮だけ参拝される方、外宮だけと自由に参拝する人が増えているようですね。

外宮の参拝記事はコチラです。

⇒【外宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

本題の参拝方法や参拝時間、その他、重要な参拝ポイントなどは、内宮、外宮、別宮に分けてまとめています。

おおまかなコースはこちらです!
どちらも2時間以内でまわることが出来ました!

⇒【パワースポット】伊勢神宮・外宮のご利益がある日帰り満喫コース①

⇒【パワースポット】伊勢神宮・内宮のご利益がある日帰り満喫コース②

しかしですね・・・太々神楽や御垣内をされる方は時間がもっと必要ですよ!

両宮共通して、正宮を参拝。次に第一別宮。

さらに時間が有れば、その他の別宮。その時には内宮と外宮で変わります。

内宮では、風日祈宮、月讀宮を参拝。

外宮では、土宮、風宮を参拝。

両宮ともに参拝時間の目安は、約1時間半ぐらい。

伊勢神宮に行く前に、二見玉輿神社、猿田彦神社へ寄らなくても大丈夫です。

伊勢神宮・内宮の参拝方法

正宮で神恩感謝の祈りを捧げます。

次に、第一別宮「荒祭宮」を参拝して請願の祈りをささげる。
この順序が古くからの慣わしで良いとされています。
個人的なお願い事は、荒祭宮にしましょう!

伊勢神宮 内宮の参拝時間

所要時間の目安は、正宮だけを参拝するのなら、30~40分ほど。
参拝順路の看板に従い、第一別宮「荒祭宮」への参拝もされるなら1時間程度。

伊勢神宮 参拝順路(内宮)

CIMG6893

大鳥居 → 神域へ向かう入口

宇治橋 → 俗世と神域をつなぐ

神苑 → 神の庭

火除橋 → 防火のための橋

第一鳥居 → ここから神域

五十鈴川御手洗場 → 手と口を清める

※雨の日は手水舎で、手と口を清める

瀧祭宮 → 参拝のお取次ぎ

第二鳥居 → さらに深神域へ

正宮 → 外玉垣南御門前で参拝

荒祭宮 → 参拝

①大鳥居 → ここで、一礼
神域に向かう正門というべき鳥居ですね。

CIMG6867

②宇治橋 → 俗世と神域をつなぐ橋

参道の中央は正中といい神様の通り道。
参拝者は、右端を歩きます。

CIMG6888

③第一鳥居 → ここで、一礼
ここからが、本来の神域。
大鳥居からすでに神域ですが、これまでは神域に進むための準備の参道。

CIMG6892

そのため、トイレもありました。

でも、ここからはありません。
心を穏やかに足を進めて下さい。

 

④五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)

古くからの参拝方法になぞらえるなら五十鈴川の流水で手と口を清めましょう。

衛生面もありますので、手水舎でも問題ないですが清々しいですよ!

CIMG6871

⑤瀧祭宮
天照大御神に参拝に訪れたことを取り付いてくださる神さま。
ここでは名前と住所を伝えます。
 
⑥第二鳥居
鳥居をくぐるごとに穢れを払うとされます。さらに深い神域へ進むための門です。

CIMG6869

⑦正宮 → ここで、参拝
伊勢神宮のもっとも神聖で高貴な天照大御神の宮です。
正宮には、慈しみ深く穏やかな神格の天照大御神が祀られています。

一般の参拝は、外玉垣南御門前からです。

「内玉垣南御門外」参拝の正式参拝についてはコチラの記事です。

⇒伊勢神宮の御垣内参拝(正式参拝)の初穂料とは?2つの申し込み方法を調査!

個人的な願い事はNG、すべてのことへの感謝のお祈りをします。

出展:http://neroloop.boo.jp/

出展:http://neroloop.boo.jp/

これ以上の神域の写真は撮影不可でした。

⑧荒祭宮 → ここで、参拝

正宮についで尊い、天照大御神の荒御魂の宮です。
「荒祭宮」には、格別に活動的で活発な神威(神様のパワー)をあらわした神格の天照大御神が祀られています。

出展:www.isejingu.or.jp

出展:www.isejingu.or.jp

出展:http://isejinguuu.com/

出展:http://isejinguuu.com/

土日はかなり混雑しています。

パッシーも参拝した時は人人人・・が凄かったです!
20分以上は並んだと思います。

二拝・二拍手・一拝

はじめに、2回の深い礼をしてから胸の高さで2回拍手をする。
※この時、両手を合わせてから右手を左手の中指の第二関節辺りまで下げてから拍手をします。

拍手はその音で邪気を払い、神前に来たことを知らせるチャイムです。

正宮では感謝、別宮では誓いのお祈りをします。

最後に深い礼を1回して、正面からやや端に移動して参道へもどります。

ここまでお読み頂きありがとうございます!

⇒【パワースポット】伊勢神宮・外宮のご利益がある日帰り満喫コース①

⇒【パワースポット】伊勢神宮・内宮のご利益がある日帰り満喫コース②

⇒伊勢神宮の御垣内参拝(正式参拝)の初穂料とは?2つの申し込み方法を調査!

⇒御垣内参拝の男性と女性の最適な服装(正装)とは?参拝料金について

スポンサーリンク

 - スピリチュアル