【外宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

   

出展:www.isejingu.or.jp

出展:www.isejingu.or.jp

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

はじめて、伊勢神宮を参拝しようと思ったとき、参拝方法や参拝時間が気になりますよね。

はじめて伊勢神宮を参拝する人が知っておきたい、正しい基本の参拝方法とルールを写真や画像でご紹介。
事前に理解を深めて、楽しいお伊勢参りをしましょう!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

古くから内宮と外宮の遷宮を終えた翌年から、おかげ年が始まり最後の別宮まで、すべての遷御の儀が執り行われた日からの1年間をもって幕を引くとされます。

この期間中に参拝すると伊勢神宮の神々から特別な恩恵を受けるとされています。

史実においても江戸の昔から多くの参拝者が訪れたそうです。

2013年に伊勢神宮で厳かに行われた、20年に一度の式年遷宮。
2015年3月には、外宮別宮の風宮の遷御も無事に終わりました。

日本人の心のふるさとと称される伊勢神宮だけあり、今もなお全国から多くの方が参拝に訪れ、土日にもなると内宮も外宮も賑わっています。

伊勢神宮参拝方法

伊勢神宮の参拝は「外宮から内宮へ」という古くからの慣わしがあり、一般的に正しい回り方とされています。

近年は内宮だけ参拝される方、外宮だけと自由に参拝する人が増えているようですね。

内宮の参拝記事はコチラです。

⇒【内宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

参拝だけでなく、伊勢神宮のさまざまな祭事(行事)も外宮から内宮の順で行われています。
天皇陛下をはじめ、皇族の皆さんも外宮から内宮へ参拝をされます。

本題の参拝方法や参拝時間、その他、重要な参拝ポイントなどは、内宮、外宮、別宮に分けてまとめています。

おおまかなコースはこちらです!
どちらも2時間以内でまわることが出来ました!

⇒【パワースポット】伊勢神宮・外宮のご利益がある日帰り満喫コース①

⇒【パワースポット】伊勢神宮・内宮のご利益がある日帰り満喫コース②

しかしですね・・・太々神楽や御垣内をされる方は時間がもっと必要ですよ!

両宮共通して、正宮を参拝。次に第一別宮。

さらに時間が有れば、その他の別宮。その時には内宮と外宮で変わります。

内宮では、風日祈宮、月讀宮を参拝。

外宮では、土宮、風宮を参拝。

両宮ともに参拝時間の目安は、約1時間半ぐらい。

伊勢神宮に行く前に、二見玉輿神社、猿田彦神社へ寄らなくても大丈夫です。

伊勢神宮・外宮の参拝方法

神恩感謝の祈りを捧げます。

次に、第一別宮「多賀宮」を参拝して請願の祈りをささげるのが、慣わしとなっています。
多賀宮は、個人的なお願い事もOK!

伊勢神宮外宮の参拝時間

所要時間の目安は、正宮だけの参拝であれば、20~30分ほど。
第一別宮「多賀宮」まで参拝順序にしたがってお参りするなら1時間弱程度でした。

伊勢神宮 参拝順路(外宮)

CIMG6863

第一鳥居口御橋 → 火除橋

手水舎 → 手と口を清める

第一鳥居 → ここから神域

第二鳥居 → さらに深神域へ

正宮 → 外玉垣南御門前で参拝  

①第一鳥居口御橋

防火のための火除橋であり、宇治橋と同じく俗世と神域を結ぶ橋。
水は穢れを流すとされていることから内宮では五十鈴川。
外宮では勾玉池にそそぐこの流水のうえを渡ることも大切なこと。

参道の中心は神様の通り道。
参拝者は、左端を歩きます。

CIMG6864

②手水舎 → 手と口を清める

CIMG6841

③第一鳥居 → ここで、一礼
ここからが、神域。
内宮同様これまでは神域に進むための準備の参道。

なのでトイレは第一鳥居の手前まで、ここからはありません。
心を穏やかに足を進めて下さい。

CIMG6842

④第二鳥居
鳥居をくぐるごとに身の穢が祓われます。さらに深い神域へ進むための神の門。

皇族の方が参拝される際は、ここで車を降りられてお祓いを受けます。

⑤正宮 → ここで、参拝
豊受大御神の宮です。
正宮には、慈しみ深く穏やかな神格の豊受大御神が祀られています。
一般の参拝は、外玉垣南御門前からです。

「内玉垣南御門外」参拝の正式参拝についてはコチラの記事です。

⇒伊勢神宮の御垣内参拝(正式参拝)の初穂料とは?2つの申し込み方法を調査!

 

CIMG6847

⑥多賀宮 → ここで、参拝
正宮についで尊い、豊受大御神の荒御魂の宮です。
「多賀宮」には、格別に活動的で活発な神威(神様のパワー)をあらわした神格の豊受大御神が祀られています。

個人的なお願いごとをしても良いとされています。

CIMG6848

土日はかなり混雑しています。パッシーはこの時はだいたい20分くらい並びました。

この後に内宮に移動します!
⇒【内宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

外宮から内宮へのバス乗り場

外宮~内宮間は約5.5Kmあります。

移動には、本数が多い路線バスが便利です。外宮から内宮へはバスで約15分。
外宮を出て道を渡ってすぐ左側にバス乗り場があります。

バス運賃は片道430円でした!意外と割高な印象です。

 

出展:http://isejinguuu.com/

出展:http://isejinguuu.com/

車は、伊勢神宮の外宮さん専用駐車場に停めることも出来るようです。
この外宮の駐車場は、内宮さんに比べたら空いています。

IMG_6738

⇒【内宮】伊勢神宮の参拝方法と時間・正しい参拝の慣わしとは?

二拝・二拍手・一拝

はじめに、2回の深い礼をしてから胸の高さで2回拍手をする。
※この時、両手を合わせてから右手を左手の中指の第二関節辺りまで下げてから拍手をします。

拍手はその音で邪気を払い、神前に来たことを知らせるチャイムです。

正宮では感謝、別宮では誓いのお祈りをします。

最後に深い礼を1回して、正面からやや端に移動して参道へもどります。

ここまでお読み頂きありがとうございます!

⇒【パワースポット】伊勢神宮・外宮のご利益がある日帰り満喫コース①

⇒【パワースポット】伊勢神宮・内宮のご利益がある日帰り満喫コース②

⇒伊勢神宮の御垣内参拝(正式参拝)の初穂料とは?2つの申し込み方法を調査!

⇒御垣内参拝の男性と女性の最適な服装(正装)とは?参拝料金について

スポンサーリンク

 - パワースポット