いらない保険と入るべき保険とは?安い保険の驚愕のカラクリ!本当に必要な保険を知ろう!

      2017/08/03

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

沢山の保険のサイトやブログがありますが、ここでは、通常保険会社にとって教えたくない・・・儲かるカラクリを載せています!

こちらのブログも合わせてお読み頂くと、どんな保険に入ればよいのか探すポイントになります。

⇒生命保険の貯蓄型保険は無駄?掛け捨て保険よりも貯金出来ない理由!

自分が死ぬことは予想できないため、何十年先のことなど想像しない方がほとんどです。

そのため、生命保険に加入するメリットを感じる機会がありません。

ですから、生命保険を損得や、どこの保険会社も一緒だと思い、付き合いで加入することになりやすいのですが・・そこが落とし穴になっています。

実際にパッシーが保険会社にいる人から聞いたお話や、金融機関時代の経験をブログにしてみます!

スポンサーリンク

保険の窓口や営業マンの裏事情と給与体系

現在は、保険会社も価格競争になり、場合によっては従来の保険の考え方から逸脱して商品も・・出ていることも多いですね

ハッキリ言いますと・・安かろう悪かろうで、加入後のフォローが全くなかったり、営業マン自身が食べていくために、手数料が高額という理由で、販売する保険も多いようです。

特に沢山の保険を取り扱う、窓口は要注意です!結局は相手が売りたいものを売られてしまうようですよ!

保険会社の給与形態も事情があるようです・・

ほとんどの、代理店や営業に支払われる手数料は保険種類によってもその人の評価ランクによっても違いますが、契約1件につき初年度年払保険料の20~70%くらいです。

こちらは会社によって変わります。

翌年からはがた落ちし、3年とか5年でほぼ入ってきません・・・つまり、常に新契約を取り続けないと収入にはならず、取れない人は辞めていきます。

ですから、最初の2年間が手数料を支払われる事が多いようで、3年目以降はフォローがなおざりになるケースもありそうです。

しかし、保険会社の中でも手数料はとても安いのですが、積み重ねで増えていく仕組みをとっている珍しい給与体験の保険があります。

こちらは長く契約すればするほど、手数料収入が安定するので、お客様をとても大切にしてなおかつ、お客様にとって出口のある保険であるとも言えます。

部署などのビルを持たずに、完全出来高制の代理店制度にしています。営業マンに固定給を支払う必要が無いので固定費が安いのです。

お客様にとっては、保障が良くて安く入れる、今までの常識を覆している保険会社もあるのです。

営業マンは最初は赤字で大変だといいます・・・汗

ですからこういう保険商品が良くても、手数料が最初から頂けない給与体系は、扱う人たちはある程度、余裕がある人、貢献の意識がある人、お客様を既にたくさん持っているベテランのような人しか扱えないかもしれません・・汗

保険会社の選び方

ソルベンシー・マージン率

そして、保険で何よりも大切なのは、会社の規模も重要です。

過去に公立学校の教師は、協栄生命(現ジブラルタ生命)の破たんで、保険契約の保障内容がカットされて痛い目を見た人が大勢いらっしゃるのです。

みなさんソルベンシーマージン比率をご存知でしょうか?

民間保険会社の保険商品を選ぶ際には、商品の保障内容も大事ですが、保険会社の財務体質の健全性も同じくらい重要です。

ソルベンシーマージン比率は保険会社の財務体質の健全性を表す指標です。

簡単に言うと・・・「保険会社の保険金の支払い能力の指標」といったところでしょうか

これまで破綻した保険会社です。(大成火災は再保険の失敗という特殊事情)

会社名 破綻時期 ソルベンシーマージン比率
第百生命 2000年5月 175.8%
大正生命 2000年8月 -49.9%
千代田生命 2000年10月 163.6%
協栄生命 2000年10月 98.9%
第一火災 2000年5月 -74.5%
東京生命 2001年3月 325.5%
大成火災 2001年11月 862.1%
大和生命 2008年10月 555.4%

・・・とは言え、比率が高ければ良いということではないのです。

私たちが求めることは”破綻しないこと”なんです!

支払った保険料に見合う保障をしてもらえないと困ります!

”ソルベンシー・マージン率”を高く保つために保険金の水準を切り下げるような会社では駄目なんです。

グループ会社は強い?

生命保険会社だけよりも、様々な金融関係をやっているグループ会社の保険はこれからますます強くなると、パッシーは思います。

例えば銀行であれば、様々なローンなどの相談も乗ることが出来ます。

保険だけ見直しても、家計の一部であり、完全ではないので、トータル的にお客様にオススメできることが良いと思います。

資産運用も含めて、生涯のライフプランを提案出来るような人は、本当に必要な保険も理解していると思います。

銀行と提携している保険会社は、母体も大きいので、ソルベンシー・マージン率も安定しています。

ただ、最近は保険会社でFPの資格を持って相談に乗っている人も多いのですが、FPだけでは食べていけないので、あくまでも手数料の高い保険を販売している人がほとんどなんです。

FPの資格を逆手にとって・・あまり意味のない保険商品を売る人、否定はしませんが、クライアントさん自身が賢くなる必要がありそうです。

スポンサーリンク

いらない保険と入るべき保険とは?

ここからは営業マンが決してあまり語りたがらない保険の仕組みについて記事にします。

安い保険・60日型保険は無駄で無意味の理由

世間では60日型保険が大流行しています!

「月々2000円未満の医療保険!」

「格安の保険料で手術・入院を保障!」

例えばこういう医療保険の広告を目にしたことがあると思います。

近年は月々の保険料支払いが安く済む医療保険が人気となっており、入院日額5000円、月額保険料2000円前後のものが主流となっています。

こうした医療保険のほとんどは一入院につき60日までを保障する「60日型保険」です。「ローコストで安心を得たい」と考える人たちにとってこうした安い保険というのは、まさにその目的にピッタリかなったものであるように見えるのですが・・・ハッキリいってこれこそ”保険を無駄”だと思っている人たちは絶対に入るべき保険ではないとパッシーは思います。

そもそも「60日型医療保険」というのは、「病気や怪我で、一回の入院で保障される限度日数が60日まで、通算1095日」と記載のある保険があります。

例えば日額5000円プランで10日間入院したら5000円×10日=5万円、80日入院したら60日目までの保障なので5000円×60日=30万円の保険金がおりることになります(61~80日目までは保障されない)。

しかし・・ここに保険会社のカラクリがあります。

一入院の考え方に思わぬ落とし穴があるのをご存じですか?

一入院の考え方が驚愕・・・知らないでは済まされない!

たとえば下記の入院日数で何日保障されるのか分かりますか?

①30日間入院をして退院して20日後に、また②60日間再入院し、退院をして、80日間空いてからまた③40日間入院するという意味です。いわゆる、入退院を繰り返すという意味です。

合計で130日間入院をしております。

ちょっと考えてみてください・・・

出展:知の海へ

 

ヒントは一入院の考え方です・・・

「病気や怪我で、一回の入院で保障される限度日数が60日まで、通算1095日」とおそらく契約のお知らせには書いてありますので、普通に考えると①②③の入院保険は全て出るように思えます。

答えはこうなります!

 

ええっ・・・

 

どういう意味なのか?分からないですよね?

60日型保険は「病気や怪我で、一回の入院で保障される限度日数が60日まで、通算1095日」というのが基本ですからね

でも実際は①しか保障されません。

これは一入院の考え方があるからです。契約のお知らせには載せませんね・・・汗

約款に細かく載っているだけなんですよ!

 

ええっつでは退院したら出ないの?と思われるでしょう!

そうですこの退院する期間が重要なんです・・・・汗

逆に180日間退院してから、再入院まで期間が空いていたら、また一入院としてカウントされますが・・・

半年入院しなくても大丈夫な状態というのは、もうほとんどお家での経過観察で、一回の入院で良くなった人だと言うことですよね????

この保険は・・・万が一の保障になりにくいと思いますよ

30日しか保障されないのであれば・・・保険入っている意味はあるのでしょうか?

貯金が100万円あれば何となりそうなレベルです。

なぜ「60日」という数字が設定されているかというと、入院の約9割が60日以内に退院する統計があるからです

私たちの入院の約50%は一週間以内に退院し、約90%は60日以内に退院するというデータがあります。

一入院の保障限度日数は60日以外にも120日、180日、360日、720日などのプランがありますが、基本的に保障限度日数が短くなるほど月々支払う保険料も安くなります。

「入院のほとんどは60日以内に退院するし、60日型プランが最も安い」

これだけ聞くと「なるほど、では60日型医療保険で良いよね」と思ってしまいそうですね!

出展:http://30ih.com

入院日数の統計とは?万が一のときが最も重要な理由!

厚生省が入院日数のデータを取っております。

2014年の9月1日から30日に退院した者を対象にしているデータです。

平均日数は、31.9日です。

傷病別・年齢階級別平均在院日数

傷病別・年齢階級別平均在院日数

出展:http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/medical/3.html

 

100人の入院患者に対して考えていくと、92人が60日以内入院で平均が11日となっております。

残りの8人は60日を超える入院をしている計算になります。

その日数はなんと平均280日以上にもなります。

勤労世代で考えると、15歳~64歳までは、50人に1人が253日の入院をしていることになります。

正直言うと・・・60日型保険は入れば大体の人はこれで大丈夫だと思うかもしれませんが、60日以内であれば貯金で入院保険金を賄うことができそうですよね

一日10000円出る保険であれば60万円貯金があれば、何とかなりますから、保険に入る意味が薄いです。

それよりも・・長期の入院がとても重要なのでは?と思います。

そもそも保険は万が一の時に、助けてくれるものなので、短期の入院であれば必要ないと思います。

では入らなくてもよいのか?と言われると、やはり万が一長期の入院で働けなくなった場合に、ちゃんと生活費の補填ができるように給付金が出るものが良いですよね。

長期の入院で貯金を使い果たして、家族全員でアルバイトをして足りない分をなんとか工面していたり、治療費がかかりすぎて、退院せざる負えない・・・まさに「保険切れ」という状態になり

こういう状況を防ぐのが保険の本来の在り方だとパッシーは考えます。

こちらに本来の保険の入る意味を歴史から詳細を記載してるので、一度読まれると、ほんとうの意味での保険を理解することが出来ます。

⇒生命保険の貯蓄型保険は無駄?掛け捨て保険よりも貯金出来ない理由!

パッシーの本音、本当に必要な保険とは?

私の知っている保険商品で3年間、入院保険金が無条件で出続けるものがあります。

掛け金もお安いです、終身にすれば値段は上がりません。

実際に3年間長期入院をして、本当に助かった人も居ます。

特にガンは治療費も大変ですが生活費が大変なんです、再発のリスクが高い病気です。

働けない間、無収入になるので、入退院を繰り返しても、入院保険金が出るものが良いです。

癌になっただけで会社を退職させられるケースもあります。

そんな時に保険がしっかりサポートしてくれたら、入っていてよかったと思いますよね?

がん保険に関してもいろいろと、選ぶポイントがあるのですが、また次回にします。

がん保険は、ほとんどは使えない給付金の仕組みがあるようです・・・これまた保険会社の儲けるカラクリだと思います。

本当に私たちのことを考えた保険商品はごく少数であるとパッシーは感じてしまうのです。

みなさんが知っておいたほうが良い保険の裏話です!

⇒生命保険の貯蓄型保険は無駄?掛け捨て保険よりも貯金出来ない理由!

⇒保険の選び方の落とし穴!保険業界はブラック?保険金の範囲は疾病よりも疾患が広くて出る!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

スポンサーリンク

 - 暮らし・生活