アンテロープキャニオンツアーは個人で行くのが最高?ナホバの聖地でパワースポット!

   

アンテロープ

出展:カラパイア

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

「アンテロープ・キャニオン」は、アメリカ・アリゾナ州にある国立モニュメントの一つで、1979年に世界遺産に登録されています!

2つの岩層から成り、アッパー(Upper Antelope Canyon )ロアー(Lower Antelope Canyon)と呼ばれる2種類があるのです!

自然が作り出した非常に独特な幻想的な景観が、一般観光客の立ち入りが許可される以前よりも多くのカメラマンたちを惹きつけてきたようです!

現在は、この地を守る”ナバホ族の聖地”として重要な位置を占めていて、世界中から訪れる多くの観光客を受け入れているようです!

スポンサーリンク

アンテロープキャニオンとは?

アンテロープキャニオンという名前に聞き覚えがなくても、神秘的な光の差し込む洞窟の写真をきっとどこかで見たことがあるはずです!

周囲の砂岩が風や雨の侵食により、長い年月をかけ形成された美しいキャニオンはアメリカ南西部で最も人気のある撮影スポットとして知られています。

アンテロープキャニオンはアメリカ合衆国最大のネイティブアメリカンの自治区である、”ナバホインディアン”居留区内にあります。

そのため、居留区への入場許可証が必要な地域であり、ナバホ族のガイドの同行なしには見学ができない特別なキャニオンです。

多くの日本の旅行会社がラスベガスからの送迎付きガイドツアーを実施していますが、例えばラスベガスに行かない場合や、北米内を車で回るような個人旅行を計画の場合でも、現地のガイドに直接予約をすることで見学することが可能です。

アンテロープ・キャニオンの地層と名前の由来は?

アンテロープ・キャニオンの、この優美で流れるような地層は、周囲の砂岩が侵食され、何百年にも及ぶ時をかけてできあがったものです!

主に、鉄砲水や風成の侵食によって、自然が造り上げたものです!

特にモンスーンの時期に降る雨水は、谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して、砂を拾いあげるており、こうして出来上がったのが、アンテロープキャニオンです!

出展:http://www.nishida-s.com/main/categ2/38-uswest-np-2/

このアンテロープという名前の由来は、動物のアンテロープから来ているらしいです!

美しい流線型の模様としなやかな体躯を持つ、アンテロープを連想させたようです!いかにも、この地に住むナバホの人々らしいネーミングですね!

アンテロープ

出展:http://natatsumori.bake-neko.net

地球の誕生 46億年前
生命の誕生 38億年前
生物種の多様化(カンブリアの大爆発) 5億年前
植物が陸に上がる 4億年前
爬虫類・恐竜の時代 2.3億年~0.65億年前
人類の祖先の誕生 0.06億年前              

アンテロープキャニオンへの行き方(アクセス)

ネットをアンテロープキャニオンを検索すると、多くは「アッパーアンテロープキャニオン観光ツアー」がたくさんあり、殆どが「ラスベガスからのツアー」となっています。

出展:http://www.h-nanae.com/travel/entry-87.html

1,450kmくらい移動するツアーも多く、浅く広く楽しむのにはとても良いと思います。

まったくの個人行動は不可能だと思っておいた方が良いみたいです!

ツアーは、ラスベガス発のものと、近郊の町ページ発のものが主となるようです。

ラスベガス発の場合は、早朝出発・深夜戻りの強行日帰りのものが多く、アンテロープ・キャニオン以外の「シューホースベンド」や「グレンキャニオンダム」も観光コースに入っているようです!

ページ発も、1日に数本のツアーが出ていて、2~3時間ほどでアンテロープ・キャニオンを見せてくれるようです。

ラスベガスからアンテロープキャニオンまで約450kmです!地図で見るよりも実際は離れていますね~。

アンテロープキャニオン個人での行き方!

グランドサークルとは?

出展:http://www.h-nanae.com/travel/entry-87.html

赤い点線の中は「グランドサークル」と呼ばれているエリアです。

10の国立公園、16の国定公園、19の国立モニュメントや州立公園が入っており、ザ・ウェーブ、ザイオン、ブライスキャニオンなど、まだまだたくさんの大自然があります。

車で移動できるのであれば、個人でも行く事ができそうです!

※基本的にアンテロープ・キャニオンは、ナバホ国内にあるため勝手に入る事が出来ず、個人的に入るには許可を取らなくてはいけないので、個人的に訪れたい場合はページの町から定期的に出ているツアーに申し込む以外に方法は無いそうです。

アッパーキャニオンを訪れるツアーは1日に5-6本出ているが、一度に観光出来る人数制限があるため、早めに予約をしておく事をお勧めします。

右側ローワーアンテロープキャニオンが、ローワーアンテロープキャニオン。
ローワーアンテロープキャニオンに重なるようにある、ローワーアンテロープキャニオン・駐車場が、ローワーアンテロープキャニオンの駐車場です。
※ その下にある、ローワーアンテロープキャニオン・駐車場はアッパーアンテロープキャニオンの駐車場なのでご注意を…
※ 地図上は ローワー が 上。アッパーが下です。 水が 下から上に流れていますので…
大きな地図で見たほうが、解りやすいので、「より大きな地図で グランドサークル を表示」 をご利用下さい♪
出展:http://travel.matiralab.com/lower-antelope-canyon/さんからお借りしております

出店:http://travel.matiralab.com/lower-antelope-canyon/

この看板を目印に、幹線道路から駐車場を目指すようです。

入場料が必要だそうです!

  • 7歳未満 無料
  • 7歳-12歳 10.00$
  • 12歳を超えると 12.50$ 

 それと、 6.00$ が必要となります。

 アンテロープキャニオンはナバホ・ネーションが管理している為に、6ドルが使われているようです。

全くの個人で行動するのではなく、個人で行っても、グループ単位で出発するようです!

出展:http://travel.matiralab.com/lower-antelope-canyon/さんからお借りしております

 

アッパー(Upper Antelope Canyon )とは?

出店:Trove

観光的にはアッパーキャニオンの方が圧倒的に人気があるように、アッパーキャニオンを訪れる場合は、太陽が頭上に来る時間に合わせて行くと良いそうです!

キャニオン頂上(約36m)の開口部から直接放射する日光の光線が狭い渓谷内に差し込み、幻想的な景色に入り込む事が出来ます!

キャニオン内もそうですが、キャニオンまでの道のりでも風が強い場合などは砂の巻き上げがありますので、喉の弱い方はマスクを持参するとよいでしょう!

ナバホのガイドとキャニオン内に入るとガイドがいろいろな写真スポットを教えてくれます!

何組かの別のグループと同時に見学することがほとんどですが、ガイドはきちんとスペースと時間を確保して撮影をさせてくれるので安心です。

自慢のカメラを持って思いっきり撮影しましょう!もちろんコンパクトデジタルカメラでも十分に素敵な写真を撮ることができますので、とにかくカメラを忘れずに!

スポンサーリンク

ロアー(Lower Antelope Canyon)とは?

ローワーキャニオンは、アッパーキャニオンから数キロ離れた場所に位置します。

一度アッパーキャニオンを抜けた鉄砲水は平原で一度幅広い川となり、パウエル湖に流れ込む直前に再び渓谷となって行く。 

ロウアーに行くためには、エントランスで入園料を支払い、大地の裂け目の入り口までは約2分ほど歩いたところに、下に降りるはしごがあるので、それを使って降ります。

ロワーアンテロープキャニオンは、地下へ続く階段を昇り降りします。

ロアー(Lower Antelope Canyon)

出店:http://www.h-nanae.com/travel/entry-87.html

結構急な坂のような感じですね!足場が悪いので、慣れた靴が良いと思われます!

出店:Yonderbound

 

アッパーも、ロウアーでも、曇り空の日や、晴れていても太陽が傾いている時は、内部は真っ暗で、また、前日に雨が降ったときは大量の水が溜まるので、翌日晴れていても閉鎖になることが多いそうです!

理由は、鉄砲水の危険性があるため、入場を規制しているようですよ!

ここで起きる鉄砲水は、アンテロープで降る雨が原因となるのではなく、数十キロ離れた場所で降る雨で発生した鉄砲水がほぼ予告無しにキャニオンへ注ぎ込んでくるため、非常に危険が高く、情報を常に集めている管理係りのみが鉄砲水を予告出来るのです!

上流で小雨が降っただけでも、閉鎖になるので、天候に恵まれることを祈るのみです!

アッパーとロウアーの違いについては、冒険心をくすぐるのは、断然ロウアーの方という声が多いそうですよ!

幻想的なアンテロープの動画です!本当に一度入ってみたいパワースポットですね!

ここまでお読み頂きありがとうございます!

アメリカインディアンの聖地などのパワースポットの関連記事です!

⇒シャスタに行く意味とは?スピリチュアルの聖地で富士山と繋がっている?

⇒セドナ観光ブログ・パワースポットである理由と効果が凄い!歴史も奥深い!

⇒虹の戦士たちへアメリカインディアンのスピリットとは?

 - パワースポット