アミ小さな宇宙人は実話なの?アミの名言が凄い!

   

アミ小さな宇宙人

出展:www.taringa.net

こんにちは!パッシーです!

Passy&Bossy(パッシーアンドボッシー)は新しい、Happpyライフスタイルを提案しています!

人の人生はその人の思考や感じ方で本当に変わってしまうのです。
思考が変われば世界も変わる!

これは本当なんですね!

ヒト・モノ・コトが変わるということは自分が居る環境も変わるのです!

自分自身の在り方を考えていくブログでもあります!

そして・・・

なかなか知りたいけれど実際はどうなの?

際どいところもちゃんと意見として言える、”真実のブログ”にもして行きたいなと思っています!

シェアハピネ~ス♪

スポンサーリンク

小さな宇宙人アミとは?

アミ小さな宇宙人という作品は、1986年に作者の友人の小さな印刷所から出版されました。
出版界では全く無名だったのにもかかわらず・・・その後次々と版を重ねていった結果、チリでは常にベストセラーの座まで占めるようになった伝説の本です!

明るく、ユーモラスで時にはちょっぴりいたずらっ子の小さな宇宙人が表現した民族間の兄弟愛や平和や希望というメッセージが
ローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世はこの本を一読した後に筆者に賞賛の言葉を贈ったようです。は

勿論これは宗教の本ではありません。
新しい文明の基本が愛であるということを表現している点で、それと共通したところがあるのです。

現在、英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、カタルニア語で翻訳され出版されているのです。

この本の美しいメッセージが世界に浸透することが

筆者のエンリケ・バリオスの最大の願いだと言われています。

日本では初版本は石原彰二訳・徳間書店より1995年に出ております。

アミ小さな宇宙人はおとぎ話なのか?

この本は10歳のペトロ少年が小さな宇宙人・アミとの実際に経験した素晴らしい体験が書かれています。

しかし、アミはペトロに向かって、問題が降りかからないように忠告します。

「これから語る全てのことは僕の単なるファンタジーにすぎず、子供のおとぎ話です。」

おとぎ話としないと、ペトロ少年が精神病院へ入られれてしまうほどのトンデモ情報なのです?? 

否、この本に書かれているほとんどは、事実・リアルストリーであるとパッシーは感じてしまいますww

アミ小さな宇宙人ー地球は未開世界で野蛮人??

現在の地球は人を幸福にしないシステムを採用している「未開世界」。

アミ曰く、「われわれ地球外生命体はこの未開世界の発達進歩には干渉してはならないと言う規則がある。 」

エエッ???・・・

地球上に住んでいる我々は自分のことをあまりにも知らなすぎるようです。 

宇宙の中ではこの地球のレベルはまるで幼稚園、もうしくは未開世界というところ。 

イントロダクションにはこう書かれています。

たいていのおとなにとって、おそろしいことのほうが、すばらしいことよりもずっと信じやすいことだから、ほんのひとにぎりのおとなしかぼくを理解しないだろう・・・

アミ小さな宇宙人と地球の大変化!!

アミがペドロ少年に向かって、話しています・・

何が時間がないのかというと、間もなく地球は「新しい地球」へと変貌を遂げるのですが、この新しい地球はこれまでの心の秩序では運営できないのです。 

これまでの心の秩序とは自分と他人を別けていることを正当化されている社会で、現代の常識を疑わない人々が集う社会です。

いま起きている異常気象、地震の多発、戦争の拡大などは、これまでの心の集大成として(これから益々増える)、これまでの膿を全部さらけ出すこととなります。

百年、二百年かけてではなく、ほんの数年で変化を遂げることとなるでしょう。

第二次世界対戦や、アトランティス大陸、ムー大陸の沈没を含めても、今まで人類が一度も経験したことのない大きな変化がいま、既に起こり始めています。

2015年6月20日で13000年の地球という太陽系の第三惑星が、半周を銀河をちょうどまわったところで・・周期が終了しています。(26000年で一周)

その日から、2016年の6月20日まで新しい銀貨系の意識に移り変わる準備期間だったようです。

2015年6月に新しい意識のスイッチが入って
少しずつ一年かけて・・少しずつ変わっていったようです。

13000年の間には

レムリア大陸・アトランティス大陸、ムー大陸の古代文明が全て破滅しましたが、その文明を作っている半霊半物質の体を持った・・空を自由に飛べる、DNAが6本以上覚醒している宇宙人のような地球人が普通だったようですよ!

ある意味・・私達の祖先はアミ小さな宇宙人と同じだったわけです。

DNAコードが変化があったのですが・・
そしてこのような宇宙時代を強制終了させられたのです・・

そして私たち人類のようなDNAが2本しかない人が占めるようになってから13000年も経ってしまったようなんです。

第六感がなくなってしまった・・

第五感しか使えない
今は凡人が収める地球になってしまったようです。

このような状況が・・2015年6月20日で終わっているのです。

新しい銀河系のスイッチで内面の波動を高めることをやってきたのです。

学びと終了して、新しいスイッチが入ったのです。

分離の世界から統合の世界へと、新たな世界に変わったと言われています。

2016年6月21日から、地球人はますます進化していくことになるでしょう。

2016年1月1日から6月20日で内面を高める学びは終わっているようです。

1年以内に社会システムが壊されて新しい時代がやってきているのです。

既に2016年6月21日から始まったのです!
2026年までに社会が創り変わるとも予言されているのです。

アミの世界が到来!所有と共有!エゴがない社会へ!

少年ペドロが色んな心配事を挙げることにアミがこう言いました。

まだ現実に起きていない先のことをあれこれ気に病むのではなく、いま起きていることにあたることの方が賢明なことだよ

この件については過去の僕はとっても当てはまる傾向でした。将来に対する不安・リスク・恐怖にかられた日々の過ごし方・・・

そういうものに囚われて「いま この瞬間」を大切にする余裕が全くありませんでした。

「いま この瞬間」を犠牲に何かわからない漠然とした不安に突き動かされる10代20代を過ごしていたことを思い出したのでした。

自分が責任を持つことができるのは「いま この瞬間」だけ。

このアミの言葉は真実だと信じています。

今の世の中は「不安・リスク・恐怖」を起点とした行動に知らず知らずのうちに導かれていることが多々あります。

現代の視点からは教育、報道に特にそういった傾向を見ることができます。

気付きだしたら「こんなにもか!」と違和感があります。

手始めにニュースの見出しを意識して見てみてください。
ネガティブキャンペーンがひしめいていると思います。

でも、大丈夫です。

「いま この瞬間」に意識を戻せば満ち足りた自分の境遇に心から安堵することが出来ますよ・・・

深呼吸して目を閉じてみましょう・・・

雨風から守ってくれる家がある

電気がある 水がある ガスがある

おいしい食べ物がある おいしいと感じられる感性がある

身体が動く 生きている

こうやってブログを書いていることに感謝です!

ありがとうございます

スポンサーリンク

アミの名言の数々・・

アミの世界では・・・地球人的考え方にも言及しています。

”力づく”とか”破壊する”とか”強制する”とかいったことは、みな、地球人や未開人のやることであり、暴力なんだよ。

人類の自由とは、われわれにとっても他人にとっても、なにかもっとずっと神聖なものなんだ。

一人ひとりにみな価値があり尊ぶべきものなんだよ。そして暴力やむりやり”強制する”といったことは、宇宙の基本法を破ることでもあるんだよ。

「暴力」って単純にぶん殴るとか人の身体を直接傷つける行為のことだとばかりにフォーカスされますが

”力づく”や”強制する”っていうのも暴力なんだと改めて気付かされますね・・・

実際にそういう暴力は日常茶飯事に見えてきます・・。

地球は目に見えない暴力の無法地帯でしたよね・・

アミは人生についてはこうも言っています。

なんて綺麗な街灯なんだろう。絵に描いてみたくなるほどだ・・・・・・。

見てごらん。

月の光に照らされ、星いっぱいの夜空にシルエットのように、くっきりと浮かび上がったアンテナを・・・・・・。

人生はこれらを健全に満喫する以外に目的はない。

人生が提供してくれたすべてのものに注意の目をむけるようにつとめてごらん。

たえずいろんなすばらしさを発見することだろう。

頭ばかりで考えるかわりに、感じるように知覚するようにつとめてみてごらん。

人生の深い意味は思考のもっとむこう側にあるんだ・・・・・・

人生は現実のおとぎ話のようなものなんだ・・・・・・

神がきみにささげた美しい贈りものなんだよ・・・・・・

なぜなら神はきみを愛しているからね・・・・・・

この感覚は先日ヴィジョン・クエストをやらせてもらった時のあの感覚なのでしょう。

日頃感じることができなかった些細なことにまで感謝できたあの感覚です。

思考をやめて知覚するんだ。

そうだ、ブルース・リーが言っていた。

「考えるな 感じろ」なんだ

現代はあまりにも思考に偏り頼りすぎています。・・
教育がそうさせているのもあります。

思考すること、考えることが良いとパッシーはずっと思っていまいしたが・・最近は直感で動くようになりました!

内的対話をやめるんだ。須藤元気さんもそう言っていたようです。

もし、人生やその瞬間が美しいと感じはじめたとしたら、そのひとは目覚めはじめているんだ。

目ざめているひとは、人生は、すばらしい天国であることを知っていて、瞬間、瞬間を満喫することができる・・・・・・

我々は二つの脳を持っているとも言っています。

ひとつは頭

これは言ってみれば”コンピューター”で地球人の知っている、ゆいいつのもの。

でも胸にもうひとつ別の脳を持っているんだ。

目には見えないけれどちゃんと存在しているんだ。

こちらの方が頭よりも重要で、(中略)われわれにとって、ほんとうのインテリとか賢者とかいうのは、この二つの脳の調和がとれているひとのことを言う。

つまり頭の脳が胸の脳に奉仕するというかたちであって、多くの地球の”インテリ”のようにその反対ではないということだよ

知性の発達は、情緒の発達と調和をもって進んでいくべきなんだ。

こうやってのみ、インテリとか賢者というものはつくられていくんだ。

また、「輪廻転生」や「因果応報」ともとれる内容にも言及しています。

これ(戦争)は地球のある国で、いま、じっさいに起こっていることだけど、われわれはなにもできない。

それぞれの惑星や国や人間の進歩にかんしては、だれも干渉すべきではないんだ。

けっきょく、みな、修行期間中なんだ。

ぼくもかつてはざんこくな野獣だった。そして別の野獣にズタズタにされ殺された。

また、野蛮な段階の人間だったときもあった。

ひとを殺し、自分もまた殺された。

とてもざんこくな体験をしてきたんだ。

なんどもなんども死んで、少しずつ宇宙の基本法則にそった生き方を学んでいった。

いま、ぼくの人生はずっとよくなっている。

(中略)

さっきみた兵士も”殺してはいけない”という宇宙の法を破っている。

彼らはその代償を自分で支はらわねばならない。

こうやって少しずつ学んでいくんだ。

パッシーも輪廻転生はあるというスタンスで生きているので、宇宙人アミが説いていることがとても自然に受け止められるのです。

地球とはまさしく修行の場であり、魂を磨いている最中だったのだと思います。

そしてその時代が終わろうとしています。

ここまでお読み頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

 - スピリチュアル